自らをボールと信じる茶白猫、蹴られて走ってまた蹴られて
心の底から楽しそうで何よりです。 元気があれば何でもできる、信心があれば何にでもなれる。自らをサッカーボールかなんかだと信じてやまぬ猫の動画を見つけましたので、ご鑑賞あれ。
いわゆる一つの俺の尻を叩け猫の傍流パターン、俺の尻に蹴りを入れろ猫であります。優しく蹴られて床を滑り終わると、自ら足元に駆け付けて、ご丁寧に尻を足に向けてゴロリと横になる、オートセッティング機能付きであります。 ちょっとでも蹴るタイミングが遅れると、視線をカメラに向けて催促する、タイムトライアルモチベーション維持機能も搭載され、この茶白猫と暮らせば、週2回程度の30分の運動習慣は簡単に身につくのではないでしょうか。犬の散歩による健康効果と同様に、猫を飼うと健康増進対策となり、ピンピンコロリの健康寿命延長によりペット飼育家庭に一定の所得控除枠が付与される未来も近いのではないでしょうか。 [Cat Thinks He’s a Ball || ViralHog/YouTube]The post 自らをボールと信じる茶白猫、蹴られて走ってまた蹴られて first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
義足歴5年を迎えたイタリアの猫、使いこなしてソファで寝転ぶ
精巧なオモチャの魚と戯れる猫、動けぬ状態見かねて救出
巨大すぎる蜘蛛の退治を頼まれた猫、気配を消して速やかに駆除

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「自らをボールと信じる茶白猫、蹴られて走ってまた蹴られて