絶対に肩から降りないキジトラ猫、困る飼い主なぜかドヤ顔
んもー、どうしようもないなー!(ドヤァ) 猫と暮らす皆さまにおかれましては、必ず体験した表情かと思いますので、記憶を呼び起こしながら追体験いただければ幸いです。
飼い主の男性の肩によじ登っておりますのは、キジトラのHabichuelaちゃん。スペイン語で、直訳すると「インゲンマメ」ちゃん。日本語でいうならばきっと豆ちゃんといったところでしょうか。 その豆ちゃん、飼い主さんが降ろそうと試みるも、岩よりも固い信念で決して自分から降りようとしません。降りてくれと促そうものなら、ニャーと声を挙げイカ耳で断固反対を表明であります。猫による匂わせ仕草に、飼い主さんは困ったと言いながらも、表情は満面のドヤ顔であります。 最終的には肩を乗り越して豆ちゃんの頭が下向きになったのを利用し、背筋を伸ばして重力に任せて降機いただいたのでありました。 [Cat Refuses to Get Down From Owner’s Shoulders and Tightly Hugs Him – 1485862/YouTube]The post 絶対に肩から降りないキジトラ猫、困る飼い主なぜかドヤ顔 first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
「いいから飲め」と勧める猫、年長者らしい世話焼きスタイル
マフィンの袋で視界を失い困惑する猫、VR中の人みたくなる
降る雪に猫は喜び跳び回る、肉球で雪をつかまえたくて

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「絶対に肩から降りないキジトラ猫、困る飼い主なぜかドヤ顔