Amazonの返品箱に入った猫、6日後に倉庫職員に発見される
決して他人ごとではありません。 共に暮らす猫が、家中のどこをどう探しても見つからずに肝を冷やす経験は皆さんおありかと思いますが、試し履きした靴を詰め込んだ段ボールに忍び込み、6日後に倉庫のスタッフに見つかって保護される猫の事例がありましたのでご紹介いたします。
ある日、ユタ州在住のCarrie Clarkさんは愛猫のGelenaちゃんが行方不明なのに気づきます。夫のMattさんと一緒に探して探して探しまくっても、Gelenaちゃんは出てこず悲嘆に暮れておりましたところ、行方不明から6日後、Amazonの倉庫から電話が来たのでありました。 なんとGelenaちゃんは、試着した靴の返品ボックスに紛れ込んでしまい、650マイル(約1050km)離れたカリフォルニア州リバーサイドのAmazon倉庫で見つかったという連絡だったのです。AmazonのスタッフのBrandy Hunterさんが発見し保護しているとの報を受け、Carrie Clarkさん夫婦は一路倉庫へ。そして無事に元気なGelenaちゃんと再会できたのであります。 灼熱の季節でなくて本当によかったと安堵するとともに、段ボール梱包前にはチェックの意味を込めて猫バンバンすべきと思わせる事案でありました。 [Beloved Missing Cat Discovered in Amazon Return Center/YouTube]The post Amazonの返品箱に入った猫、6日後に倉庫職員に発見される first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
猫の健康祈願と供養の場となる「猫の杜」を目指し、秋田の忠猫神社が支援募集中
リサ・ラーソンの作品展が会期延長、3月末まで猫たちに会える
猫本書評:餅は餅屋に、病気は医者に、猫のごはんは「猫ごはん博士」に

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「Amazonの返品箱に入った猫、6日後に倉庫職員に発見される