Facebookに実装されている様々な機能の一つが「Facebookグループ」です。あまり耳慣れない方も多いかもしれませんが、実はFacebookがリリースされた直後から実装されている機能なのです。

Facebookの創業者、マーク・ザッカーバーグ氏は、「世界中の人と人を身近にする」というミッションのもと、「Facebookグループ」の機能を拡充することを示しています。今回は、ますます利便性が向上するであろう「Facebookグループ」の概要について紹介します。

    ■目次

  1. Facebookグループとは?
  2. FacebookグループとFacebookページの違い
  3. 続々と機能が拡充!Facebookグループはもっと活性化する?
  4. Facebookグループの作り方
  5. まとめ

1. Facebookグループとは?

Facebookグループとは、趣味やビジネスなどの共通のテーマのもとにメンバーを集め、情報を共有したり交流したりできるツールです。公開範囲(プライバシー設定)を3つの中から選択でき、検索で見つけることができ、メンバー以外も投稿を閲覧できる「公開グループ」、検索で見つけることはできるが投稿はメンバーにならないと見られない「非公開グループ」、検索結果にも出てこずメンバーに追加・招待してもらわなければ存在がわからない「秘密のグループ」が選べます。

Facebookグループでは、グループに参加している者同士で、メッセージの交換、ファイルの共有など様々なことができます。一昔前のmixiのコミュニティ、LINEのグループトークに通じるものがありますが、これらのサービスと比較しても、より多くの機能が装備されています。

FacebookグループではLINEなどのSNSには実装されていない様々な機能があります。代表的な機能は次の通りです。

・ファイル・ドキュメント共有機能

Facebookグループでは、画像や動画はもちろん、ワードやエクセルのファイルを共有することが可能です。メンバーの1人があるファイルをアップロードすると、その瞬間にグループのメンバーは誰でもそのファイルにアクセスすることができるようになります。

また、メンバーが編集可能なドキュメントの作成・共有も可能です。

・アンケート機能

Facebookグループでは、グループのメンバー間でアンケートをとることができます。質問とその回答の選択肢を作成すると、メンバーに展開され、メンバーが回答できる状態になります。多数決方式で物事を決定したいときなどには特に効果を発揮します。

2. FacebookグループとFacebookページの違い

Facebookには、Facebookグループとは別に、Facebookページというサービスがあります。サービス名称は似通っていて紛らわしいですが、これらはまったく異なるものです。主な相違点は次の通りです。

  • FacebookページはFacebookのユーザーでなくても誰でもアクセスできる開かれたページですが、Facebookグループは基本的にメンバーしかアクセスできない閉じたページです。
  • FacebookページはGoogleやYahoo!などの検索サイトの検索結果に表示されますが、Facebookグループは検索サイトでヒットすることはありません
  • Facebookページは双方向のコミュニケーションを取りにくい一方で、Facebookグループはチャットやファイル共有機能を活用して双方向のコミュニケーションを取りやすい設計になっています。
  • Facebookページにいいね!をしてくれた人は「ファン」Facebookグループに参加してくれた人は「メンバー」となり、コミュニティに対する関わり方が異なります。

どちらもFacebookの個人ページとは別に作成できる点、複数人で管理・運営が可能な点は共通しています。しかし、より外部に開かれているFacebookページに対して、Facebookグループは特定のメンバーで集まり交流することに主眼が置かれている点が大きくことなります。

企業や有名人などが、情報発信を主たる目的として利用したいならFacebookページ、同じ目的や興味を持った人同士でコミュニケーションを深めていきたい場合はFacebookグループが適していると言えるでしょう。

3. 続々と機能が拡充!Facebookグループはもっと活性化する?

冒頭で述べた通り、Facebook社はFacebookグループのサービスを強化していく方針を示しています。様々な機能が拡充されることで、Facebookグループがより活性化することが期待されています。

なぜFacebookはFacebookグループを推しているのか、それはFacebookのミッションと密接に関連しています。

2017年6月、マーク・ザッカーバーグ氏は「give people the power to build community and bring the world closer together」というミッションを公表しました。そして、人と人がより身近な存在になる世界を実現するために重要な機能な一つがFacebookグループなのです。

実際に、Facebookグループがオンラインサロンなどの会員制コミュニティに利用されるなど、新たな交流を生む場所になっています。

具体的には、Facebookグループの管理者をサポートする次のような機能が拡充されました。

・グループインサイト

グループインサイトは、簡易的なAnalyticsのような機能です。グループメンバーの増減や属性情報、投稿のエンゲージメントなどを閲覧できます。この機能によりグループの管理者は、投稿数・コメント数・どのメンバーが活発に活動してくれているのか・どの時間帯に投稿するのが最適かなどの情報を取得・分析できるようになりました。

・投稿予約

投稿予約は、投稿する日付・時間を指定できる機能です。この機能により、まとめて作成した文章を分散して投稿するといったことができるようになりました。たとえば1週間分の記事をまとめ書きして、それを7つに分けて、毎日決められた時刻に公開することができます。

・リクエストフィルター

リクエストフィルターを使うと、グループへの参加リクエストを性別や居住地などの属性情報でソートしたり、古ターをかけたりできます。参加リクエストの中から適切なメンバーを選定しやすくなりました。

・メンバープロフィール

メンバープロフィールは、Facebookグループ内での活動がまとまった、グループ専用のプロフィールを表示する機能です。各メンバーの個人ルページにアクセスしなくても、グループ内でどのような投稿をしているのかや、共通の友人などを見ることができます。

4. Facebookグループの作り方

Facebookグループは、個人アカウントからも作れますし、Facebookページから作ることもできます。個人アカウントから作成する方法を例にとって、Facebookページの作り方をご紹介します。

手順1:Facebookの各ページの右上にある▽をクリック(①)して、グループの作成を選択(②)します。

手順2:グループ名を入力(①)し、グループメンバーを追加(②)、そのグループのプライバシー設定を3種類の中から選択(③)します。

手順3:[作成]をクリックします。

手順4:最後に、カバー写真をアップロードしたり説明文を追加したりして完了です。

以上です。

非常にわかりやすいので、最初のグループの作成ボタンさえ見つけることができれば、あとは直感的に操作を進められます。

5. まとめ

Facebookが力を入れているサービス「Facebookグループ」の概要をお伝えしました。新機能が続々と実装され、サービスレベルがますます向上することで、あらゆるコミュニティで「Facebookグループ」が活用されるようになるかもしれません。

 

 

情報提供元:Gaiax
記事名:「2018年は「Facebookグループ」がアツい? 新機能とFacebookグループの作り方