新しくテレビなどを購入して数日経つと、NHKのBS放送では受信機設置の連絡をお願いするメッセージが表示されるようになります。ところが、レコーダーによっては、録画した番組からこのメッセージが消えてしまうモデルもあるのです。なぜNHKのメッセージが録画するだけで消去される現象が起きるのか見ていきます。

NHKメッセージが消去されるデータ送信

NHKのBS放送に表示される「受信機設置のご連絡のお願い」のメッセージは、BSデジタル放送の規格で決められた「限定受信(CAS)」の仕組みを利用しています。CASとは、チャンネルや放送局ごとに契約者以外に視聴できないように設けられたシステムです。

B-CASには、自動メッセージ表示という機能があり、自動メッセージの情報は「EMM」と呼ばれるデータに格納され送信されます。EMMは、自動メッセージの内容のほか、番組視聴の制限情報や暗号化された番組のスクランブル解除に必要な鍵などの送信に使われるものです。

EMMには、全視聴者に送られる「共通メッセージ」と、受信するB-CASカード番号を指定する「個別メッセージ」の2種類があります。このうち、NHKメッセージを送る際には共通メッセージが利用され、NHKメッセージの表示を消去するデータは個別メッセージで送信されるのです。

NHKメッセージ消去とスクランブル解除

EMMで送信されたNHKメッセージの内容やその解除情報は、いったんB-CASカード内に保存。その後、テレビをNHKのBS放送のチャンネルに合わせると、B-CASカード内の表示消去情報を確認します。消去情報がない場合はB-CASカードからNHKメッセージの内容を読み取り表示する仕組みです。

ここで重要なのが、NHKメッセージの表示と番組のスクランブル解除は別々という点です。多くの有料チャンネルでは、未契約状態ではスクランブルの解除が行われず、自動メッセージのみを表示。一方、NHKのBS放送はスクランブル解除された状態で自動メッセージを表示しています。

ここでクランブルが解除され自動表示メッセージがある番組をレコーダーが録画する時、放送されたデータをそのまま保存するわけではありません。まず、コピー制限に関する情報を録画機器側が番組データから読み取り追加。また、現在発売中のレコーダーのほとんどが、保存容量節約のために番組連動データ放送を削除して録画しています。

このとき、レコーダーが自動メッセージ表示のデータを録画時にカットしてしまうことにより、再生時にNHKのメッセージが消去される現象がおこるわけです。そして、レコーダーによっては自動メッセージ表示のデータも一緒に録画するモデルもあるため、メーカーや機種によってNHKのメッセージが録画で消去されるものとされないものがあるのでした。

【関連リンク】
チョコボール銀と金のエンゼルの当たり確率と見分け方
セブンイレブン700円くじ引き抽選確率を上げる方法
NHKのBSメッセージ消去で地上契約のみがバレることない裏ワザ
チョコボールおもちゃの缶詰の当たりの見分け方
青春18切符の裏ワザとそれより安いJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「なぜ録画するだけでNHKメッセージ消えるのか?