交通機動隊にはノルマがあるとよくいわれますが、本当にあるのでしょうか。また、あるとしたらそれは取り締まりにどう影響するのでしょう。元交通機動隊の白バイ隊員に交通違反の取り締まり事情について聞いてみました。月末に精力的に動いている白バイを見つけたら交通違反に注意したほうがよさそうです。

白バイ隊員は月間の目標件数があった

「白バイは基本的に1台で行動しています。2台1組の白バイを見かけたら、それは新人の教育中です。毎年3月と9月に新人が来るんで、そこから半年は先輩と一緒に行動して、教育していくわけです」といいます。

そして、白バイ隊員には「月間の“目標件数”というのがあります。新人は100件とかね。若いヤツほど多いんです。でも、新人は2台1組で効果的な捕まえ方を教わりながら行動するんで、件数は上がっていく」のです。

月に100件の目標件数ということは、1日平均で最低3件以上の交通違反を取り締まるということ。新人の教育中とはいえ、2台1組で走行している白バイを見つけたら、ふだん以上に交通違反に気をつけたほうがよさそうです。

目標件数に足りていない白バイ隊員

加えて「問題は教育係ですよ。新人の相手をしている時間は自分の件数は上がらないんで、1人になった時、必死になって件数を稼いでいます。月末になって余裕で流している白バイは件数を達成している隊員」なのです。

このため「原付ばかりを捕まえている白バイは、目標件数に足りていない隊員ですね。なんで、月末に精力的に動いている白バイには注意が必要」なのでした。よく取り締まられる違反は原付きバイクの2段階右折。「大きな交差点で右折してくる原付きバイクを待って、取り締まりの準備をします」といいます。

また「テールランプの電球切れなど整備不良を狩りまくります。これ、意外にクルマを運転する方は気付いてないので注意してください。実際はバイクに多いんですけどね」。月末はこれらの交通違反にとくに注意しましょう。

【関連リンク】
スピード違反から逃れる方法を白バイ隊員が伝授
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐車違反で出頭しないデメリットはあるか?
交通違反で青切符をサインしないと拒否したその後は?
歩道は駐車禁止でも警察は植込みで駐禁を取り締まらない?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「月末に白バイを見かけて注意すべき交通違反とは