キッチンの大掃除で最後の締めくくりとなるのがシンク。換気扇やレンジの油汚れをシンクで落としたあとに、最後に掃除するのがセオリーです。そんなキッチン掃除でシンクをピカピカにする強力洗剤を紹介しましょう。また、排水口のヌメリの落とし方とその防止法も合わせて見ていきます。

キッチンシンク掃除のピカピカ持続

キッチン掃除で気になるのは、シンク全体の白っぽい汚れ。これは水道内のカルシウム分(カルキ)が原因なので、食酢やクエン酸が効きます。カルキ汚れはクエン酸スプレー(水200mlに小さじ1杯)が定番です。

それでもダメならサビ落とし・防錆までこなすオーブ・テックの「HALT酸性クリーナー」。銀を除くほとんどの金属の汚れ・サビ落としに効果絶大です。キッチンのシンク周りが新品のようにピカピカになります。

このクリーナーはpH1.8以下の強酸性なのでカルキも溶かし、サビ止めも兼ねるためキッチン掃除のピカピカが持続します。原液のままスプレーしてスポンジやタワシなどでこすればOKです。

キッチンシンク排水口掃除にアルミ

実際に、カルキと緑青(銅の錆び)まで出てるキッチンの蛇口にスプレーして5分ほど放置。ワイヤーブラシで水洗いすれば、光沢が出てきました。防錆効果も期待できます。容量500mlで価格はだいたい2千円です。

キッチン掃除のもう1つの難関が、生ゴミや油汚れなどでヌメリや悪臭を放つ排水口。ここは重曹とクエン酸をまぶし、水をかければきれいになります。重曹は酸性の油汚れ、生ゴミの悪臭を中和。クエン酸は菌の増殖を抑制します。

重曹とクエン酸の割合はだいたい「2:1」。厳密でなくてもOKです。なお、丸めたアルミホイルをゴミ受けに入れるとヌメリ防止になります。アルミホイル(10円玉など銅でもよい)が金属イオンを放出。除菌効果があるのです。

【関連リンク】
チョコボール銀と金のエンゼルの当たり確率と見分け方
セブンイレブン700円くじ引き景品の抽選確率を上げる方法
NHKのBSメッセージ消去で地上契約のみがバレることない裏ワザ
チョコボールおもちゃの缶詰の当たりの見分け方
青春18切符の裏ワザとそれより安いJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「キッチンのシンク掃除でピカピカになる洗剤とは