YouTubeの非公式クライアントは、広告をブロックするためのものというよりYouTubeプレミアムのような機能を備えた非公式アプリといったところ。中には独自機能を搭載することで、本家の仕様を超えているものもありますが、多くがGoogle Playからはリジェクトされており、野良APKをGitHubから拾って自分で導入する必要があります。

野良アプリにYouTube広告ブロック機能

「NewPipe」は、オープンソースのYouTubeクライアントアプリ。YouTube以外の動画配信サービスにも対応しており、ニコニコ動画やbilibili対応版もリリースされています。

広告ブロックのほか、バックグラウンド再生にも対応する上、動画や音楽のダウンロードまで可能。ほかにもPiP(ピクチャー・イン・ピクチャー)や再生速度の変更など、公式アプリを凌駕する高機能ぶりです。

「SkyTube Extra」も広告ブロックに加え、バックグラウンド再生やダウンロードに対応した野良アプリ。プレーヤーの操作性に拘っており、スワイプコントロールという独自のジェスチャー機能を搭載しています。

野良アプリでYouTube広告をブロック

フィルタリング機能も特長で、低評価の動画や再生数の少ない動画を非表示にできるほか、チャンネルのブラックリストやホワイトリストを作成することも可能です。

「LibreTube」はセキュリティに特化したクライアントアプリ。Googleによる追跡を完全にシャットアウトしており、IPアドレスなどの情報が渡らない仕様になっているのが特長の野良アプリです。

さらに、バックグラウンド再生やダウンロード、PiPといったPremiumな機能もひと通りカバー。もちろん広告もブロックしてくれるので、YouTubeを快適に見まくれます。

【関連リンク】
遠隔操作アプリ「Cerberus(ケルベロス)」とは
遠隔監視アプリ「Android Lost」でスマホを操作
radikoエリアフリー判定を無料で地域外で聞く裏ワザ
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
スマホが監視されてるか確かめるケルベロスアプリの見つけ方

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「野良アプリのYouTube広告ブロックで快適に視聴