航空無線の周波数は、航空機の動きに合わせて替わる管制部署ごとに違います。管制部署にはそれぞれコールサインが付与されていて、「空港名+管制部署名(表記の際は略号)」を用いています。例えば「千歳GND」「東京TWR」などです。航空機が周波数を切り替えながら空港を離陸する手順を見ていきましょう。

航空機が最初に交信する管制部署とは

航空機が周波数を切り替えなが空港を離陸する手順は「CLR(クリアランスデリバリー)→GND(グランドコントロール)→TWR(タワー)→DEP(ディパーチャー)」の順です。

CLR(クリアランスデリバリー)のコールサインは略して「○○デリバリー」。航空機が最初に交信する管制部署で、事前に提出したフライトプラン(飛行計画書)の承認をもらうのがCLRです。

ただし、CLRがある民間空港は新千歳空港や東京国際空港などトラフィックの多い空港だけ。他の空港ではGNDが代役を務めるので、一般的にはGNDの仕事と考えてよいでしょう。ちなみにGNDがなければTWRが代行する仕組みです。

滑走路手前で航空機は一旦停止する

航空無線でGND(グランドコントロール)のコールサインは「○○グランド」。駐機場から滑走路へつながる誘導路を管制する周波数です。グランドという名の通り、地上を管制する航空無線になります。

そのため、航空無線でGNDは誘導路を自走(タキシング)する飛行機だけではなく、航空機をプッシュバックするトーイングカーをも管制下に納めます。

航空機が駐機場を出る際には、GNDからプッシュバックの許可を得なくてはなりません。そして誘導路を自走する際には、GNDから航空機が使うルートの指示が出ます。とくに誘導路が複数ある大空港では重要な航空無線です。

そして、GNDの周波数の指示で滑走路手前まで進出したら、航空機は一旦停止。GNDからTWRへと管制部署が替わります。

【関連リンク】
飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
航空無線(エアーバンド)受信機おすすめランキング4選
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
エアーバンド(航空無線)の周波数がデジタル化されない理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「航空機は滑走路手前までどのように誘導される?