2022年4月からAppleがセルフ修理プログラムを開始しました。個人でも純正パーツ&マニュアルを取り寄せて、セルフで修理ができるようになったのです。ただし、現在このサービスが提供されているのはアメリカ国内のみです。そこで現在、日本国内で可能なiPhone修理の4つの延命方法を紹介していきます。

iPhoneの修理を正規プロバイダに依頼

iPhoneの修理その1は「Apple Storeで修理」。Apple公式の修理サービスを利用します。修理を依頼するまでの手間や時間はかかるものの、安心して利用できるのは何よりの魅力です。

純正部品での修理ということもあり、その後に中古ショップに売ることになった時でも、買い取り査定の影響を受けないといったメリットもあります。ただし、修理代金はちょっと高め。iPhone13のバッテリー交換をした場合で約14,500円です。

iPhoneの修理その2は「正規プロバイダによる修理」です。Apple Storeは国内に10店舗しかありません。半数は東京に集中しており、残りは神奈川、愛知、京都、大阪、福岡のみです。

これでは正規修理を依頼するにしても郵送修理となって時間がかかり、データの消去も必須となってしまいます。そこで活用したいのが、正規プロバイダによる修理。iPhone13のバッテリー交換をした場合で約12,800円(C smartの場合)です。

iPhoneの修理に互換バッテリーを入手

iPhoneの修理その3は「非正規修理業者による修理」です。Apple非正規の業者は3タイプ。1つめは「個人店舗」で総務省非認可店舗。店舗独自で仕入れた非純正パーツを使い修理を行います。

2つめは「総務省認可店舗」で、電波関係の部品を取り扱うということで、総務省が認可した登録修理業者。パーツの仕入れは店舗独自で行っています。iPhone13のバッテリー交換をした場合で9,780円です(iPhone修理工房 池袋本店の場合)。このほか、3つめとして正規パーツを入手して修理を行うApple認定資格店があります。

iPhoneの修理その4は「セルフ修理」です。AmazonやAliExpressなどではiPhoneの互換バッテリーが安く入手できるため、セルフ修理という手もあります。

交換方法については、新型iPhoneの最速分解リポートでおなじみの「iFixit」がマニュアルを無料で公開しているのでそれを活用。iPhone13のバッテリー交換をした場合で2,899円です(「KAOSPAOO For13G:1ICP5/45/88」の場合)。

【関連リンク】
iPhone低速の裏ワザでWi-Fi通信速度を上げる高速化設定
iPhone隠しコマンド10選「*#21#」盗聴確認方法は誤報?
iPhone盗聴器アプリになる勝手に自動録音の危険性
iPhone浮気調査!通話着信履歴をiPadのFaceTimeで共有
iPhone電波強度の状況確認フィールドテストモードのコマンド

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhoneを修理して延命させる4つの方法と金額感