iPhoneの「写真」に人に見られたくないカットがあるなら、ゴミ箱を押して「写真を削除」するだけでは危険。30日以内に削除した写真は「最近削除した項目」を見れば閲覧することが可能だからです。iPhoneで見られたらマズイ写真は、完全に削除しないと復元できてしまいます。

iPhoneの写真は削除しても復元できる

iPhoneで写真を削除する操作は、写真を選択したら右下にあるごみ箱アイコンをタップ。表示されたメニューで「写真を削除」を選択します。ただし、これでは写真は完全に削除されていません。

誤ってiPhoneの写真を削除してしまった場合のために、iOS8以降は削除した写真を復元できるようになっています。削除した写真が収められているのは、写真で右下に表示される「アルバム」にある「最近削除した項目」です。

iPhoneの写真は削除しても、30日以内ならここに残っています。フォルダを開くと、削除したはずの写真が削除までの日数表示とともに一覧される仕組み。消したと思っていた写真が現れて、ドキッとする人もいるかもしれません。

iPhoneから写真を完全削除する方法

iPhoneで削除した写真を復元したければ、一覧から写真を選択して右下の「復元」をタップ。メニューで「写真を復元」を選びます。右上の「選択」をタップしたあと左下のメニューから「復元」を選べば、すべて復元することも可能です。

逆に言えば、見られたらマズイと削除しても、iPhoneの写真は完全には消えていないということ。iPhoneの写真を完全削除する方法は「最近削除した項目」で写真を選択して左下の「削除」をタップ。「このiPhoneから削除」で完全削除します。

ちなみに、Androidの写真もデータ復元アプリを使うことで復元することが可能。例えば、無料アプリ「消した画像を復元」などを使います。スマホの写真は、簡単な操作で一度消してしまっても復元できる可能性があるのです。

【関連リンク】
iPhone低速の裏ワザでWi-Fi通信速度を上げる高速化設定
iPhone隠しコマンド10選「*#21#」盗聴確認方法は誤報?
iPhone盗聴器アプリになる勝手に自動録音の危険性
iPhone浮気調査!通話着信履歴をiPadのFaceTimeで共有
iPhone電波強度の状況確認フィールドテストモードのコマンド

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhoneの写真は完全削除しないと見られる危険性