2010年代前半に、中国製の激安ハンディ無線機がブームになったことがあります。あれから10年以上経過した今、海外の無線マニアたちがQUANSHENGの「UV-K5」に注目し始めました。各種改造が発表されていますが、着目すべきはVHF帯エアーバンドの受信機能を搭載していること。それも2つのバンドでAMモードが設定できる点です。

UV-K5はエアーバンド受信がウリの一つ

その実力をチェックすべく、QUANSHENGの「UV-K5」を入手。実勢価格は2,700円です。さっそく、アイコムの人気のハンディ受信機「IC-R6」と聞き比べてみました。

感度・音質ともにさすがに一歩及ばないものの、遠方を飛行する航空機の弱い電波をしっかりと受信しており、エアーバンド受信機能がオマケではなく、“ウリ”の一つであることが分かったのです。

UV-K5シリーズはVHF帯エアーバンドの108.000~135.995MHzにAMモードが設定できるのが大きな魅力。AとBの両バンドで受信可能です。そして、注目すべきは、デュアルワッチ機能になります。

UV-K5のデュアルワッチ機能で待機受信

この機能は、2波同時受信機能のように入感した2波を同時に鳴らすことはできません。しかし、2つのバンドで受信待機をして、先に受信したバンドの音声を出力します。

ほぼ2波同時受信のように機能するのですが、受信バンドがAバンドからBバンドへ切り替わる場合(その逆も)、移行先のバンドへの切り替わりに3~4秒程度の時間を要します。つまり、受信の頭切れを起こすわけです。

デュアルワッチ機能は、Mボタン押下のメニューから「TDR」を選択。CHAN_AかCHAN_Bをセットします。欠点はあるものの、2波“待機”受信ができるのはUV-K5シリーズの魅力でしょう。

なお、広帯域で電波を発射できるUV-K5シリーズを無線局の免許なしで使用すると、不法無線局の開設となり電波法により処罰されます。ご注意ください。

【関連リンク】
受信機として活用できる最新アマチュア無線機
IC-2730の受信感度はフラットながら自主規制が弱点
八重洲無線のFTM-400Dの受信帯域はフルカバー
モービル機で受信機能に特化したベストバイを選ぶ
海外仕様アマチュア無線機は日本製でも使用不可

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「エアーバンドが聞ける中華ハンディ機が3千円弱