YouTubeの広告をブロックするためのものというより、YouTubeプレミアムのような機能を備えた非公式アプリというべきなのが、YouTubeの非公式クライアントです。配布サイトはいくつもあるものの、基本的にはGitHubから持ってくれば問題ないでしょう。代表的なYouTubeの非公式クライアントを紹介しましょう。

YouTube ReVanced Extended導入方法

「YouTube ReVanced Extended」(RVX)は、YouTube公式アプリを改変した非公式クライアント。「Vanced」の後継である「ReVanced」を、さらに強化したシロモノです。

YouTubeの広告ブロックはもちろん、バックグラウンド再生やダウンロードにも対応。それでいて見た目や機能はYouTube公式アプリそのものという、かなり危うい仕様なのです。

導入は公式アプリのAPKから自前でビルドする必要があるため、それなりにハードルは高いものの、ごていねいにビルド用ツールまで公開されているほどです。

YouTube ReVanced Extendedは魔改造

ただし、危険な仕様からか開発者はビルド済みのAPK配布を禁じています。このため、有志が独自でAPK作成ツールを公開している状況です。YouTube ReVanced Extendedは、いわば公式アプリの魔改造といえるでしょう。

「SongTube」は、その名の通り音楽用のプレーヤーアプリなのですが、YouTubeにも対応しています。広告ブロックはもちろん、バックグラウンド再生、動画のダウンロード、PiPにも対応するなど機能も充実です。

ほかの非公式クライアントに比べてUIが大きく異なりますが、これはこれで使いやすいでしょう。元が音楽プレーヤーなので、スマホ内の音楽を再生できるのも便利です。

【関連リンク】
テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Fire TV StickでISO再生など機能を強制的に拡張する方法
Android TV BOXがおすすめ…その表と裏の顔とは?
モザイク破壊動画の仕組みとは?無料で安全なAVサイトは?
ニコニコ動画をアカウント登録なしで見る方法

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「「YouTube ReVanced Extended」危険な実態とは