隠しコマンドで起動するiPhoneのフィールドテストモードは、電波強度を数値化できることで有名でした。しかし、iOS11移行はフィールドモードに入れるものの、電波の数値化には対応しなくなっています。そんなiPhoneとAndroidに搭載されているテストモードに入るための隠しコマンドを紹介しましょう。

iPhoneの隠しコマンドで電波の強度

iPhoneの隠しコマンドは、まず標準の電話アプリを起動します。キーパッドにして「*3001#12345#*」を入力したら発信ボタンを押すのです。これでテストモード画面に切り替わります。

メニューから「Serving Cell Info」を選択。この画面で、今つかんでいる電波の種類が分かります。また「RsrpRsrqSinr」を選択した「rsrp」の項目が受信している電波の強度です。

なお、iOS10まではフィールドテストモードに入ると電波表示バーが数値化され、電波強度をより具体的に知ることができました。しかし、iOS11以降から電波強度の数値化には対応しなくなっています。

Android隠しコマンドでバンドを変更

海外で現地のSIMカードを使う時は、その国のバンドに合わせる必要があります。通常は自動でセットされますが、相性によりうまくいかないことも…。そんなときにAndroidの隠しコマンドを入力すると、ネットワークを手動で変更できます。

Androidの隠しコマンドも、電話アプリを立ち上げたら「*#*#4636#*#*」を入力すればテストモードに入ります。ここで「携帯電話情報」→「優先ネットワーク」を選択するのです。

通常はオートになっていますが、3GのみやLTEのみに変更できます。海外のほか、LTEが不安定な地域などでも便利。3Gを優先ネットワークに設定すればバッテリーの消耗を防げます。なお、変更する際は念のために初期値をメモしておきましょう。

【関連リンク】
LINE既読つけない機内モード未読の方法に落とし穴
iPhone低速の裏ワザでWi-Fi通信速度を上げる高速化設定
iPhone隠しコマンド10選「*#21#」盗聴確認方法は誤報?
LINE会話の盗み見方法とそのLINE盗聴&盗撮を防ぐ方法
iPhone盗聴器アプリになる勝手に自動録音の危険性

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhoneとAndroidのテストモード隠しコマンド