時に回答がイマイチだったりするAIの弱点を補えるのが、ChatGPTを活用したブラウザ拡張機能です。そして、Google検索とChatGPTの回答を同時に確認できるようになる拡張機能が「ChatGPT for Google」。Googleのサイトからキーワード検索をかけると、検索結果とともにChatGPTの回答も表示されるようになります。

ChatGPT拡張機能で効率的に情報収集

この拡張機能を導入すれば、Googleの検索結果からいちいちサイトを巡らなくても、ChatGPTの回答から大まかにサイトの内容をつかめるので、効率的に情報収集できるようになるわけです。

Google検索をすると、右側にChatGPTの回答が表示。大まかな情報が表示されるため、複数のサイトをチェックする手間が省けます。回答を得るために参照したサイトのリンクも表示されるので、自分で情報を精査することも可能です。

メールの作成が苦手なら拡張機能「ChatGPT Writer」が便利でしょう。メールのテンプレを作成してくれる拡張機能で、請求書の送付やお悔みといった、各種ビジネスシーンに合わせた文章をサクッと作ってくれます。

ChatGPT拡張機能でメールのテンプレ

GmailとChatGPTを開いた状態で、ChatGPT Writerの拡張機能を使うと入力欄が表示されるので、作成したい内容を入れれば勝手にメールのテンプレが生成されるのです。

実際のChatGPT Writerの使い方は、Gmailで、まずはChatGPT Writerを選択します。入力欄が出てくるので、作成したいメールの内容を入力するのです。

ここで「Generate」をクリックすれば、サンプル文章を作成してくれるというわけ。コピーボタンもあり、メールにそのまま貼り付けることも可能です。

【関連リンク】
チョコボール銀と金のエンゼルの当たり確率と見分け方
セブンイレブン700円くじ引き景品の抽選確率を上げる方法
NHK地上契約のみがバレることないBSメッセージ消去の裏ワザ
チョコボールおもちゃの缶詰の当たりの見分け方
青春18切符の裏ワザとそれより安いJRのお得な切符

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ChatGPTをブラウザ拡張機能で快適に使う裏ワザ