阪神地域の大阪市周辺と神戸市を中心に、都市高速道路網を張り巡らせているのが阪神高速道路です。通行料金は定額制から距離制に移行しており、ETC搭載車は300~1,320円になりました(普通車の場合。ETC非搭載車は一律1,320円)。そんな阪神高速のETC乗り放題となるのが「阪神高速パス」です。

阪神高速パスを利用当日に申し込み

この通行料金を定額で1日利用できるのが「阪神高速ETC乗り放題パス2023」(以下、阪神高速パス)です。土・日曜日と祝日限定になりますが、1日1,680円で阪神高速道路全線が乗り降り自由になります。

阪神高速パスは、片道の利用では上限料金の1,320円よりも高くなってしまうので、往復利用や2回以上の乗り降りが必須です。1,680円の半額840円の距離は17.5kmまでなので、17.6km以上の区間を往復すれば元が取れる計算です。

阪神高速パスを利用するには、阪神高速道路の公式サイトから事前に申し込む必要があります。とはいえ、阪神高速パスは利用当日直前の申し込みも可能です。

阪神高速パスはETC2.0でさらに割引

また、阪神高速道路を大阪地域(東地区)と神戸地域(西地区)に分けた地区別の阪神高速パスもあり、こちらは1,110円。利用区間に応じてさらにお得になります。

そして、ETC2.0搭載車はさらに割引が適用され、全線利用が80円引きの1,600円、東西地区別が60円引きの1,050円です。阪神高速パスは、1日5,000人限定で2024年3月31日まで発売されます。

ちなみに、阪神高速パスには1枚のETCカードで期間中10回までという利用制限があります。ただし、心配は不要。ETCカードをもう1枚用意すれば大丈夫です。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウス隠しコマンドのサービスモードで設定変更
登録しておけば最大50%オフになるETC割引は?
タイヤ製造年月日を側面の数字から判別する方法
トヨタ純正ナビの隠しコマンドで出る裏設定とは

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ETC乗り放題「阪神高速パス」で元がとれる距離