アイコムのハンディ機の新たな顔となった「IC-R15」は、十字ボタンを正面に配置したテンキーレスモデル。IC-R15の気になるスペックと、シンプルな付属品について見ていきましょう。同梱されるのはアンテナとバッテリーだけといっていいほど簡素です。ハンディ機必須の充電機器は一切付属していません。

IC-R15の付属品に簡素ベルトクリップ

テンキーレスモデルの「IC-R15」はシンプルな印象ですが、シンプルなのは付属品にも現れています。同梱されるのはアンテナとバッテリーだけといっていいほど簡素です。

付属品は専用バッテリー「BP-287」、アンテナ「FA-S270C」、ベルトクリップ、ストラップだけ。充電機器類は同梱されていません。USB Type-Cのケーブルを自前で用意して充電します。

付属のベルトクリップは回転機構などはなく、本体とはレバーで固定する簡素なもの。IC-R30やID-52と共通の製品です。バッテリーパックと充電スタンドはIC-R30の付属品が流用可能で、これらはIC-R15のオプションとして設定されています。

IC-R15の充電スタンドは自宅で便利

単3形乾電池×3本の乾電池ケース「BP-293」の実勢価格は3,600円です。充電スタンド「BC-223」には専用アダプタが付いて実勢価格4,900円。自宅での使用に便利でしょう。

IC-R15の受信周波数はAバンドが108.000~500.000MHzで、Bバンドが108.000~500.000MHzです。FMラジオバンドは76.000~108.000MHz。受信モードはFM/FM-N/AM/AM-N/(WFM)となります。通常のメモリー数は2,000チャンネルです。

バンク構成は100チャンネル×100バンク。サーチバンド数は25バンドです。カテゴリー数は50。周波数ステップは5/6.25/8.33/10/12.5/15/20/25/30/50/100/125/200kHzとなります。サイズ/重さは58W×116H×33.8Dmm/260g。標準価格は65,780円です。

【関連リンク】
IC-R6を改造して“歯抜け”の受信周波数を拡大
IC-R6ユーザーを航空祭会場で多く見かける理由
レジャー無線受信の新定番「IC-R30」の魅力とは
アイコム「IC-R30」(広帯域受信機)
エアーバンド初心者にIC-R6おすすめできない理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「テンキーレスのIC-R15は付属品もシンプルな構成