アマチュア無線機メーカーの団体・JAIAの自主規制により、アイコムの受信機「IC-R15」は無線電話の周波数帯が受信できない「Jマーク」付きの“歯抜け”仕様になっています。とはいえ、この仕様は20年前以上のもの。IC-R15を受信改造することで聞けるようになる周波数帯は現在、どんな無線があるのでしょうか。

IC-R15を受信改造してフルカバー化

Jマーク付きの受信機「IC-R15」は、受信改造しないと歯抜けになっている周波数帯を聞けません。コードレスホンなどの無線電話の周波数帯を自主規制で受信できないようにしているわけです。

この聞けない(周波数をセットできない)周波数帯は380MHz帯のコードレスホンを除けば、船舶電話や新幹線公衆電話など、すでに使われていない割当てです。

しかし、1990年に実施された規制は現在も残されたままになっています。無線電話の割当て周波数を受信可能にして、フルカバー化するのが受信周波数の拡大改造です。

IC-R15の受信改造で聞ける周波数帯

IC-R15が受信改造によって聞けるようになる受信周波数はA/Bバンドが108~500.000MHz、ラジオバンドが76.0~108.0MHzです。UHF帯エアーバンドの割当て帯域、225~400MHzを連続サーチできるようになります。

実際のところ、以前はアナログ波で割当てられていた無線電話の周波数帯は現在、消防無線や防災無線などのデジタル無線に再割当てされています。

このため、IC-R15を受信改造してこの周波数帯に合わせても、自衛隊機が使ってくることはほぼありません。しかし、在日アメリカ軍が使用する可能性があるため、サーチできた方がベターでしょう。

【関連リンク】
IC-R6を改造して“歯抜け”の受信周波数を拡大
IC-R6ユーザーを航空祭会場で多く見かける理由
レジャー無線受信の新定番「IC-R30」の魅力とは
アイコム「IC-R30」(広帯域受信機)
エアーバンド初心者にIC-R6おすすめできない理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「IC-R15を受信改造して聞けるようになる周波数帯