ETCを個人で使っているドライバーであれば、高速道路を利用すればするほどポイント還元される「ETCマイレージ」はぜひとも活用したいサービスです。とくに、東名高速をはじめとするNEXCO3社の路線ではポイント還元額は最大10%にもなります。ETCマイレージポイントを賢く貯めるテクニックを紹介しましょう。

ETCマイレージポイントは登録が必要

ETCマイレージは、あらかじめ登録することにより高速道路の利用料金に応じてポイントが貯まる仕組みです。この「あらかじめ登録すること」は重要で、ただETCカードを持っているだけではポイントは貯まりません。

ETCマイレージの登録方法にはWebサイトからと郵送の2種類ありますが、より手軽なWebサイトから行う方法がおすすめです。いずれの場合も、ETCカード番号に加えETC車載器番号とそれをセットアップした自動車のナンバープレート・住所の3点セットが必要なため、本人か同居家族がETC車載器付きの自動車を持っていないと登録できない仕組みです。

ETCマイレージの登録手続きが完了するのは、Web利用の場合で約1週間ほど。登録完了後は対象路線を利用するたびポイントが貯まっていきます。対象となるのは、NEXCO3社(仙台松島道路を含む)と本四高速に加え愛知県道路公社(一部を除く)・名古屋高速・神戸市道路公社・広島高速・福岡高速・北九州高速の各路線です。

ETCマイレージポイントは最大10%還元

ETCマイレージで貯まるポイント数とポイント還元額は、会社により異なります。NEXCO3社と本四高速は「100円につき10ポイント」で還元額は最大「1ポイント=1円」。愛知県道路公社・名古屋高速・広島高速・福岡高速・北九州高速は「100円につき1ポイント」で、還元額は最大「1ポイント=1円」。神戸市道路公社は「500円につき3ポイント」で、還元額は最大「1ポイント=2円」になります。

これを還元割合で考えると、NEXCO3社と本四高速は最大10%なのに対してその他の路線は1~2%になるので、ETCマイレージのおトク度という点ではNEXCO3社と本四高速がはるかに上回ります。なお、その他路線には毎月の利用額が5000円を超えた分への追加ポイントがありますが、そこまで利用するドライバーは少数派でしょう。

また、ポイントの還元を申請する際はNEXCO3社分はまとめて計算しますが、その他路線については会社ごとの別計算。例えば名古屋高速と広島高速のポイントを合計して還元することはできません。なお、福岡高速と北九州高速は同じ運営会社なので、両方のポイントを合計し還元額を計算します。

ETCマイレージポイントの対象外路線

このため、ETCマイレージポイントを賢く貯めるテクニックとして、対象路線と対象外路線が並行している場合に対象路線を選んで走行するという方法があります。

例えば、名神高速茨木ICから第二神明道路城北ICまで走行する場合、名神高速→第二神明道路経由と近畿道→阪神高速経由の通行料金はほぼ同じですが、名神高速→第二神明道路経由は全区間分ポインが貯まります。

また、首都圏を横断する場合、都心の首都高速を使わずに外環道や圏央道で迂回した場合、より通行料金が安い首都高速経由と同じ料金になるという特例があります。この場合も、同料金であっても首都高速利用分についてはETCマイレージのポイントは付きませんが、外環道・圏央道経由なら通行料金の全額がポイント対象となります。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウス隠しコマンドのサービスモードで設定変更
登録しておけば最大50%オフになるETC割引は?
タイヤ製造年月日を側面の数字から判別する方法
トヨタ純正ナビの隠しコマンドで出る裏設定とは

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ETCマイレージポイントを賢く貯めるテクニック