クルマ盗難でガラスを割ったりピッキングするのは過去の話。クルマ盗難の手口もアナログからデジタルへ進化しています。そして、トヨタ系をターゲットとした新たな盗難手口で台頭しているのが「CANインベーダー」。超高級車のLXなら、5台に1台はCANインベーダーの盗難被害に遭うほど猛威を奮っているのです。

CANインベーダーは5分以内で完了する

2024年の車両の盗難シーンにおいて、最も暗躍していると思われるのが「CANインベーダー」です。モバイルバッテリー型の機器から伸びたコードを、バンパー内に挿入して有線接続します。

そして、車載ECUとCANシステムに強制アクセスし、エンジンを始動させてしまうものです。慣れた人だとCANインベーダーにかかる作業時間は5分以内で完了するといわれます。

このため、防犯カメラやアラームなどで異常を感知しても、現場を押さえるのは困難となっています。実際に、CANインベーダーによるクルマ盗難の現場を見ていきましょう。

CANインベーダーはバンパーで作業

CANインベーダーによるクルマ盗難を捉えた防犯カメラの映像には、バンパー付近で作業する男の姿が…。スマホにエンジン始動の通知が届いたものの、外を確認した時にはもぬけの殻でした。

市場価格900万円のトヨタ・アルファードが一瞬にしてCANインベーダーにヤラれたというわけです。CAN(Controller Area Network)とは、トヨタ車が用いている通信システムの名称です。

一方、防犯カメラ3台、ハンドルロック2基で鉄壁のはずだったトヨタ・ランドクルーザーの場合。犯人グループはCANインベーダーで不正アクセスに成功した後、ハンドルロックを切断して持ち去ってしまったといいます。

【関連リンク】
高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウス隠しコマンドのサービスモードで設定変更
登録しておけば最大50%オフになるETC割引は?
トヨタ純正ナビの隠しコマンドで出る裏設定とは
タイヤ製造年月日を側面の数字から判別する方法

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「CANインベーダーはバンパーから内部にアクセス