週末恒例!

今週(12月8日〜12月14日)で注目を集めた5記事を週末一気に振り返り!

「見落としてた!?」

っていう情報があるかも?

それでは早速5つの記事を見ていきましょう!

【PR】

①PSVR 2による最恐体験!「バイオハザード RE:4 VRモード」12月8日登場!

VRニュースイッキ見_PSVR 2による最恐体験!「バイオハザード RE:4 VRモード」12月8日登場!

2005年にリリースされた「バイオハザード4」をリメイクした『バイオハザード RE:4』のPSVR 2向けVRモードが、12月8日に無料DLCとして配信開始されました。

本作はシリーズでも傑作との呼び声も高いオリジナル版をリメイクし、

リアルな武器操作

3Dオーディオによる臨場感

などPSVR2の機能で没入感のある主人公体験が楽しめるほか、シリーズお馴染みの謎解き要素や武器なしで操作しなければならない「アシュリー」での恐怖や緊迫感も楽しめます。

また、序盤をプレイできる体験版も同時配信され、本編を購入していない人も体験可能です。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-222621/

②VRChatでライド型アトラクション「G-SHOCK THE RIDE」公開!

VRニュースイッキ見_VRChatでライド型アトラクション「G-SHOCK THE RIDE」公開!

カシオ計算機は、耐衝撃ウォッチ「G-SHOCK」の耐久試験を仮想体験できるアトラクション『G-SHOCK THE RIDE』をVRChat上で12月8日から提供開始しました。

このアトラクションは、羽村技術センターにて実際に行われている耐久試験をテーマにしており、G-SHOCKの唯一無二のタフネスを象徴するコンテンツになっています。

メタバースの仮想空間ならではの現実にはない演出により、アバターを通してテーマパークのようなライドアトラクションを楽しむことができ、今後も新コンテンツが追加されていくとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-222674/

③ROBLOXに公式ワールド「ProVision YOKOHAMA TOWN」がオープン!

VRニュースイッキ見_ROBLOXに公式ワールド「ProVision YOKOHAMA TOWN」がオープン!

ProVision社は、没入型ソーシャルプラットフォームROBLOX上に、横浜のみなとみらいエリアをモデルにした「ProVision YOKOHAMA TOWN」という公式ワールドをオープンしました。

このワールドでは昼夜の変化を楽しめる演出を楽しめるほか、

レーンラン

ドタバタクイズ島[ROB-1Ver]

Misterious Obby [ROB-1Ver]

宇宙探索ゲーム

というProVisionが共催したROB-1グランプリ受賞ゲーム4作品がを物語性があるアップデートされたバージョンでプレイできます。

「ROB-1グランプリ」コラボ限定Tシャツ、カップラーメンバックパックやシュウマイハットといった限定アイテムの販売や、「夜にあらわれる光の横浜〈ヨルノヨ2023〉」などのイベントとのコラボも実施中です。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-222707/

【PR】

④聴覚障害が存在しない世界「SILENT WORLD」メタバースに構築へ!

VRニュースイッキ見_聴覚障害が存在しない世界「SILENT WORLD」メタバースに構築へ!

ソリッドソニック社は、聴覚に依存しないコミュニケーションや体験により「聴覚障害がない社会」を実現する「SILENT WORLD」をメタバース内に構築していることに取り組んでいることを表明しました。

WHOの報告によると、2050年には約25億人が聴覚障害を抱える可能性があるとされており、ソリッドソニック社はこれに対応し、聴覚障害者と健聴者の両方が楽しめる世界を目指して聴覚障害の啓発活動に取り組んでいます。

2024年3月には「Fortnite」で聴覚に依存しないデフスポーツゲームをリリース予定となっているほか今後は、さらなるコンテンツ開発と協力関係の拡大を進めていくとのことです。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-222725/

⑤コノキューと東京医科歯科大がMRでの遠隔医療支援システム研究を開始!

VRニュースイッキ見_コノキューと東京医科歯科大がMRでの遠隔医療支援システム研究を開始!

NTT QONOQ(コノキュー)社と東京医科歯科大学(TMDU)が、MR(Mixed Reality)技術を用いた「Project the Hands」を立ち上げ、遠隔医療支援システムの研究を開始し、2024年の「docomo Open House」で展示する予定であることを明らかにしました。

このシステムは、3Dデータを共有し、MRデバイスを通じて実践的な訓練が行えるため、物理的制約がなく場所を選ばずに使用でき、医師の研修期間短縮したり、離れた場所にいる研修生が経験豊富な医師からリアルタイムで手術技術を学ぶことも可能にするものです。

コノキュー社は、同システムによって研修期間の短縮と習熟速度の向上も見込まれ、医師不足問題の解消に貢献すると期待し、東京医科歯科大学では歯科インプラント外科手術の遠隔支援方法の確立とAIモデル作成を目指すとしています。

詳細はこちら→https://vrinside.jp/news/post-222692/

まとめ

今週もXRとメタバースで注目のニュースが数多く登場しました。

VRゲーム、ソーシャル体験やアトラクションを体験できるメタバースなど、楽しいエンタテインメントの話題も多くバーチャル体験の面白さを実感できます。

その一方で、聴覚障害をテーマにしたメタバースやMRを活用した医療支援ソリューションなど、社会的に有意義な話題も見られました。

メタバースもXRも、楽しさと社会的有用性の両方を追求することを通じて、さらなる普及に努めてほしいですね

来週はどんなVRニュースがあるのでしょうか?

お楽しみに!




【PR】



【PR】

The post VRニュースイッキ見!「コノキューとTMDUがMR遠隔医療支援システム研究を開始!」など注目記事を振り返り!! first appeared on VR Inside.

Copyright © 2023 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VRニュースイッキ見!「コノキューとTMDUがMR遠隔医療支援システム研究を開始!」など注目記事を振り返り!!