株式会社Gugenkaは、同社が提供するオリジナルアバターが作れるスマホアプリ「MakeAvatar(メイクアバター)」に、作成したアバターを無料で『VRMファイル』として出力できる「VRMエクスポート機能」を追加し、2024年1月31日(水)より提供開始していることを発表しました。

【PR】

「VRMエクスポート機能」追加!

2024年1月31日より追加されている新機能「VRMエクスポート機能」とは、「MakeAvatar」で作成したアバターを『VRMファイル』でエクスポートできるというものです。

「MakeAvatar」で作成したアバターは基本的に一つのマテリアルで構成されているため、半透明シェーダー不使用の”軽量なデータ”となっており、出力された『VRMファイル』は『Blender』や『Unity』といった他ソフトやプラットフォームで”さらに理想に近いカスタマイズ”を加えたりと、様々なシーンで気軽に使用することができます。

また、「MakeAvatar」のVRChat用アバターがスマートフォンだけでアップロードできる「コンプリートセット機能」を使用して作成したアバターの一部や、「XMarket」で販売中のクリエイターの衣装を着せたアバターは、スマホのみという”ワンタッチ”で簡単に軽量な『VRMファイル』にできるため、モバイル(Quest)版VRChatのユーザーやモバイル用アバターを持っていないユーザーにも最適なアプリとなっています。

「MakeAvatar」とは?

「MakeAvatar」はGugenka社が提供しているメタバース用オリジナルアバターが作れるスマホアプリで、その特徴は『パーツを組み合わせるだけ』という手軽さにあります。

また、Gugenka社はデジタルコンテンツ専門ECサイト「XMarket(エックスマーケット)」の運営も手掛けており、同サイトで購入した”オリジナル衣装””人気キャラクターのコラボ衣装”を「MakeAvatar」で使用しアバターに着せることも可能となっています。

「MakeAvatar」で作成したオリジナルアバターは、”VRChat”や”DOOR”、”Virtual Cast”、”VRoid Hub”といったさまざまなソーシャルVRに対応しているため、お気に入りのアバターを様々なVR空間で楽しむことができる仕様となっています。

【PR】

クリエイター募集中

Gugenka社では、現在、”コンプリートセット機能でのアバター販売”や”「MakeAvatar」の衣装制作”をしたいというクリエイターを募集しています。

募集に関する問い合わせはGugenka社まで。

まとめ

マルチメタバースのハブとなるコンテンツを制作するXRクリエイティブスタジオであるGugenka社が、同社が提供するメタバース用オリジナルアバター制作アプリ「MakeAvatar」に新機能「VRMエクスポート機能」を追加し、先月31日より提供を開始しています。

本機能は作成したアバターを無料で『VRMファイル』として出力できるというもので、これによりスマホで制作したアバターを、”VRChat”などさまざまな外部アプリで使用することが可能となります。

自分のお気に入りにカスタマイズしたアバターが、お気に入りのメタバースで利用できるなんて、楽しみ方の広がりを感じるニュースですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]




【PR】



【PR】

The post MakeAvatarにVRMエクスポート機能追加!作成アバターが外部でも使用可能 first appeared on VR Inside.

Copyright © 2024 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「MakeAvatarにVRMエクスポート機能追加!作成アバターが外部でも使用可能