VR開発チーム Iwaken Lab.と謎解き制作会社タンブルウィードが共同で開発した没入型謎解きゲーム『TARGET』が、2024年3月1日(金)より下北沢にある体験型施設「ヒラメカ下北沢」において開催されることが発表されました。

【PR】

没入型謎解きゲーム『TARGET』とは

没入型謎解きゲーム『TARGET』は、Microsoft社が開発したヘッドセットである、ホログラフィックコンピューター用デバイス「HoloLens2」をプレイヤーが実際に装着し、ステージをクリアしていく体験型ゲームです。

プレイヤーは、「Hololens2」を通して見るバーチャル空間を手掛かりにステージ制の謎解きゲームをクリアしていきます。

「現実×仮想」の先端技術との融合により、「謎解き × MR(Mixed Reality)」を楽しむことができる体験型コンテンツです。

新しいMR体験が可能

MRとは「Mixed Reality(複合現実)」の略称であり、仮想世界と現実世界を「融合させて」表現される体験の総称で、「VR」と「AR」の中間的な立ち位置にあるともいわれています。

本イベントは、先端技術と体験型ゲームの融合を目指す「タンブルウィードラボ」レーベルの新作となっています。

ホログラフィックコンピューター用デバイス「HoloLens2」によって、現実世界の上にバーチャルなコンテンツを重ねる複合現実体験を実現することで、バーチャル空間を360度好きな位置から見ることができたり、自分の手の動きでバーチャル空間のアイテムを操作したりすることができたりします。

謎解きのクリアの為には複雑なバーチャル空間をいろんな方面から把握する必要があるため、プレイヤーが自然により深くバーチャル空間に没入していってしまうような作りとなっています。

近未来的な、現実×仮想の体験を『TARGET』で一足先に楽しむことができます。

【PR】

ゲーム概要

今回のイベントは、東京・世田谷区の「ヒラメカ下北沢」にて2024年3月1日から開催されます。

プレイ人数は2~4人で参加できますが、4名向けに作られたゲームのため、4名での参加が推奨されています。

所要時間は100~110分となっており、チケット料金は1グループ14,000円です。

まず、各ステージごとにHoloLens2を装着するプレイヤーを1人決め、残りのプレイヤーは仮想世界を覗くことができるタブレットを操作します。

HoloLens2を装着したプレイヤーと他のプレイヤーとが協力しながら、ステージのクリアを目指していきます。

公式HP

まとめ

没入型謎解きゲーム『TARGET』が、2024年3月1日(金)より下北沢にある体験型施設「ヒラメカ下北沢」において開催されることが発表されました。

「現実×仮想」がテーマになっており、バーチャル空間での近未来的な謎解きゲームを楽しむことができます。

グループでの参加が必須となりますので、知人・友人などと一緒に春休みの思い出にしてみてはいかがでしょうか。

ソース:プレスリース[PR TIMES]




【PR】



【PR】

The post HoloLens2でリアルとバーチャルを行き来する謎解きゲームが下北沢にオープン! first appeared on VR Inside.

Copyright © 2024 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「HoloLens2でリアルとバーチャルを行き来する謎解きゲームが下北沢にオープン!