2024年2月14日、鳥取県は県外にいながらデジタル環境で鳥取と関わることができるメタバース上の交流スペース「バーチャルとっとり」を3月末にオープンすることを発表しました。

オープンに先立ち、メタバース上での同窓会「33祭」やバーチャル婚活イベントが開催され、新たな形のコミュニケーションと出会いの場を提供していくとのことです。

【PR】

メタバースを通じて若者の交流を促進

メタバースを通じて若者の交流を促進

鳥取県はメタバース関係人口の創出に力を入れており、自治体としては初の「メタバース課」を設立し、日本初のAIアバター職員の採用やオンライン美術館の開設などの取り組みを行っています。

今回その一環として、県内外の若者を対象にバーチャル空間で

若者同士の交流による移住定住の促進

就職相談

鳥取県の暮らし・観光情報等の発信

を目的とした、メタバース上の新たな交流スペース「バーチャルとっとり」を2024年3月末にオープンすることになりました。

これまでリアルで実施していた取り組みを、誰でもオンライン上で参加できるメタバースで行うことにより、スマホ1つで空間の概念にとらわれることなく遠方の方でも気軽に参加できるようになる等のメリットがあります。

今後は地元インフルエンサーやテレビコマーシャルなどによる幅広い世代への周知を行う予定です。

これまでにない新たなソリューションとしてのメタバース「バーチャルとっとり」を通じて、若い世代のとっとりファンの新規掘り起こしを進め、関係人口・交流人口の裾野拡大が促進されることが期待されています。

「バーチャルとっとり」の概要

「バーチャルとっとり」の概要

オープン:2024年3月末(リリースはとりネット(鳥取県ウェブサイト)等で行います)

対象:鳥取県とつながりを持ちたいと考えている県内外の方

参加費:無料

参加方法:アプリ「バーチャルとっとり」をGoogleストアやAppleストアでダウンロードし、自身の分身となるアバターを生成して参加いただきます。

内容:県内外の若者を対象に若者同士の交流による移住定住の促進や就職相談、さらに鳥取県の暮らし・観光情報等の発信を行います。

動作環境:スマートフォンアプリ(Android/iOSアプリ)
【推奨スペック】iOS:iPhone12相当以上(iOS15以降)、Android:GalaxyS21相当以上(Android OS12以降)

WEB特設サイト

「バーチャルとっとり」の特徴

スマートフォンで簡単に訪問できる「バーチャルとっとり」には、手軽に利用してもらえるように、アバターの種類や鳥取ならではのスペースなど様々な工夫がされているのが特徴です。

アバター

「バーチャルとっとり」で利用できるアバターは、顔のパーツや、服装・髪型も自由に選択することができます。

服装のカラーバリエーションも追加し、最終的に18万通りのバリエーションからアバター設定を行えるようになる予定です。

メインスペース(昼・夜)

メインスペース(昼・夜)

「バーチャルとっとり」のメインスペースは、鳥取砂丘をベースに大山や白壁土蔵群を周辺に配置した鳥取県らしい空間構築となっています。

しゃんしゃん祭りの傘とそれに似た色合いで、若者に向けたにぎやかさとポップさが表現されているのが特徴です。

また、動画を流すためのメインスクリーンをはじめ、

情報発信コーナー

チャット掲示板

360°動画

など各コーナーを配置しています。

空間にゲートを設置することで、イベントスペースやコミュニティスペースへ、アバターで歩いて移動することが可能です。

夜になると星空の下、砂丘の会場がライトアップされるほか、鳥取県の誇る美しい自然をメタバース空間内でも体感することができます。

イベントスペース

イベントスペース

湖山池の青島公園をイメージに制作された、様々なイベントが行える空間です。

明るく解放的であり、同じイベントに参加する人達で新たな関係性を形成できる、つながりの起点となる場所になります。

相談ルーム(イベントスペース)

相談ルーム(イベントスペース)

イベントスペースから移動した場所にある相談ルームは、ビジネス感が漂う、洗練された会議室をイメージした空間です。

また、資料投影ができるスクリーンも用意されています。

コミュニティルーム

コミュニティルーム

画像の投影ができるスクリーンを配置しており、友人同士でリラックスしながら過ごせるような空間。

カラフルなテーブルと細かい装飾品を配置されています。

【PR】

2つのキックオフイベントも開催決定!

「バーチャルとっとり」のオープンに先駆けたキックオフイベントとして、3月3日(日)に『バーチャル同窓会「33祭」』、3月20日(水・祝)に『バーチャル婚活』の開催が決定し、2月23日(金)まで参加者を募集しています。

コロナ禍で中止になっていた同窓会をメタバース上で開催

夏休みなどの長期休暇中に開催されてきた同窓会ですが、2020年~2022年はコロナ禍の影響もあり、およそ7割が中止となりました。

コロナ禍初期の2020年に30歳を迎えた1990年生まれに関しては翌年、翌々年も同窓会の開催が見送られてきました。

そこで、同窓会ができなかった世代の新たな交流の場として、鳥取県にゆかりのある県内外の若者をターゲットにした『バーチャルとっとり 同窓会「33祭」』が3月3日(日)に開催されます。

県外にいながら鳥取と関わることができるオンライン上でのコミュニティの構築、情報交換を目的としながら、県内出身の若者等のIJUターンを促進するイベントです。

当日にはスペシャルゲストとして、地元・富山県にUターンをした移住の先輩である軟式globeのパークマンサーさんが出演し、30代に刺さる“平成”をテーマにしたトークショーも開催します。

さらに参加者にはイベント当日までに「とっとりの食詰め合わせ」を送付し、ふるさとの味を堪能しながら同窓会に参加できます。

『バーチャルとっとり 同窓会「33祭」』の概要

開催日時:2024年3月3日(日)16:00〜17:30(受付/15:30~)

対象:20代後半~30代後半の方

募集人数:最大40名

参加費:無料

申込方法:2月23日(金・祝)23:59までに特設サイト上の申込フォームより応募

※氏名、年齢、生年月日、連絡先(携帯電話)、住まい、県外の方の場合鳥取県への移住意向(ある・ない)、参加理由等を記載。

内容:開会・乾杯、アイスブレイク(操作レクを含めた交流タイム)、トークショー、とっとり○×クイズ、抽選会、フィナーレ(写真撮影)

カップル成立後に鳥取でご対面!メタバース婚活

また、キックオフイベントの第2弾として、鳥取で出会い、つながるための婚活イベント『バーチャル婚活』の開催も決定しています。

交際までの対面コミュニケーションを婚活の大きなハードルと感じている方に新しい出会いの機会を創出していくことが目的です。

さらに、メタバース上でカップル成立となった方を対象にしたリアルデートイベントを3月23日(土)に県内で開催します。

『バーチャル婚活』概要

◆バーチャル
開催日時:2024年3月20日(水・祝)14:00~17:00(受付/13:30~)

対象:独身(20歳~)、鳥取県在住・勤務&鳥取とつながりたい方、バーチャル・リアル婚活イベントに両方参加可能な方

募集人数:20名(男性10名、女性10名 程度を想定)

参加費:無料

申込方法特設サイトの申込フォームより応募

※氏名、年齢、生年月日、連絡先(携帯電話)、住まい、県外の方の場合鳥取県への移住意向(ある・ない)、参加理由(自由記入)、メディアの取材可否(顔出し等)を記入。

※応募多数の場合は、参加理由などを参考に抽選します。

※当選者には集合時間やログイン方法、リアル婚活について記載された当選通知メールを送付。落選者には落選通知メールを送付。

内容:男女別のセミナー、バーチャル空間の操作レクチャー、レクリエーション、トークタイム など

◆リアル
開催日時:2024年3月23日(土)14:00~16:00

会場:鳥取駅周辺

対象:バーチャル婚活でカップル成立となった方(参加必須)

募集人数:5組程度を想定

参加費:無料 ※現地までの交通費等は自己負担

内容:アイスブレイクゲーム、トークタイム、まちなかクイズゲーム 等(予定)

まとめ

鳥取県がメタバース上に交流スペース「バーチャルとっとり」を構築しました。

自治体によるメタバース利活用では交流促進や観光情報の発信が中心となることが多いという印象ですが、「バーチャルとっとり」では婚活イベントなど移住定住を促進する施策の一つとなっています。

この試みがうまくいけば地域の活性化にメタバースが活用されていく例が増えそうですね。

どのような展開を見せるか注目ですね。

ソース:プレスリリース[PR Times]




【PR】



【PR】

The post 鳥取県がメタバース交流スペース「バーチャルとっとり」を2024年3月末にオープンへ! first appeared on VR Inside.

Copyright © 2024 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「鳥取県がメタバース交流スペース「バーチャルとっとり」を2024年3月末にオープンへ!