2024年3月19日、NTTコノキューはNTTコミュニケーションズやNTTスマートコネクトとともに、輪島市朝市組合、出張輪島朝市 金石プロジェクトと連携し、ライブコマースやメタバースを用いた「輪島朝市」の復興応援イベントに参画することを発表しました。

【PR】

メタバースとライブコマースで復興を応援

メタバースとライブコマースで復興を応援

日本三大朝市の一つとして知られる石川県輪島市の「輪島朝市」は、令和6年1月1日に発生した能登半島地震で甚大な被害を受けました。

避難を余儀なくされている朝市関係者の生業継続と復興支援のため、2024年3月23日(土)に「出張輪島朝市」が開催されます。

出張朝市の開催に合わせ、NTTコミュニケーションズとNTTコノキューは、メタバースとライブコマースの技術を活用し、輪島朝市の復興を全国的に応援することになりました。

デジタルとリアルが連携することで、全国的な注目を集めつつ、朝市関係者の販路拡大や生業継続に役立てる狙いがあるとのことです。

メタバース空間に輪島朝市を再現!

NTTコノキューは、同社が運営するメタバース「DOOR(ドア)」の仮想空間にかつての輪島朝市の雰囲気を再現した「デジタル輪島朝市」を構築します。

賑わいを楽しみながら、観光案内や特産品紹介、イベント発信ができる仕組みを提供することになっています。

地元輪島市や他市町に避難中で「出張輪島朝市」に出店できない輪島市朝市組合員の一部も、「デジタル輪島朝市」に登場予定です。

・開催日程:2024年3月23日(土)~

*公開終了時期は未定です。

>>仮想空間「デジタル輪島朝市」

ライブコマースを活用して特産品の販売も

NTTスマートコネクトは、同社が運営する食のライブコマース「foove(フーブ)」を提供します。

このfooveを活用することで、「出張輪島朝市」に出店する店主の皆さんが海産加工品や伝統工芸で製作したアクセサリー等の特産品をライブ配信で紹介することができます。

視聴者がその場で対話しながら購入できる仕組みです。

なお、ライブコマースfooveのサイトには「デジタル輪島朝市」からもアクセス可能です。

・開催日程:2024年3月23日(土)13時30分~

*ライブ配信終了後も録画視聴、購買サイトは継続して公開します。

*公開終了時期は未定です。

>>ライブコマース「foove(フーブ)」 特設サイト

【PR】

輪島朝市の被災と出張朝市の開催

令和6年能登半島地震で被災した石川県輪島市の「輪島朝市」。

朝市が開かれていた通り一帯が火災に見舞われ、建物が広範囲にわたって損壊しました。

自宅や事業所を失った朝市関係者が各地に避難を余儀なくされ、朝市そのものの開催も不可能な状況が続いています。

この状況を受け、金沢市の金石地区では地元自治体や民間企業が中心となり、避難している輪島の朝市関係者を支援するため、3月23日に「出張輪島朝市」を金石港周辺で開催することになりました。

水産加工や販売ができる仮設の店舗を設け、朝市従事者の生業継続を後押しすることをめざしています。

出張輪島朝市について

・開催日程:2024年3月23日(土)8時~12時

・会場:石川県漁業協同組合 金沢支所(金沢市金石西1-1-12)周辺

まとめ

能登半島地震で甚大な被害を受けた輪島朝市ですが、少しずつではあるものの復興への道のりを歩み始めました。

3月23日には「出張輪島朝市」が開催されるなど、避難生活を送る朝市関係者も商売を再開しています。

また、メタバースやライブコマースといった最新テクノロジーを駆使しているのも注目です。

デジタルとリアルの連携が経済活動の再開を後押しし、輪島の復興の弾みとなりそうです。

まだ時間はかかりそうですが、多くの人の想いがつまった出張朝市と最新技術による支援が実を結び、被災地の1日も早い復興を後押しすることを期待します。

ソース:プレスリリース[PR Times]




【PR】



【PR】

The post メタバースで輪島朝市を再現!「出張輪島朝市」の復興をライブコマースで応援 first appeared on VR Inside.

Copyright © 2024 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「メタバースで輪島朝市を再現!「出張輪島朝市」の復興をライブコマースで応援