2024年秋、東京ドームシティ「黄色いビル」6階を改修し、フリーローミングVRで宇宙旅行が体験できるスペースエンターテインメントや、宇宙をテーマにした教育や交流の拠点としての役割を担う施設がオープンすることが発表されました。

【PR】

宇宙がテーマのエンターテインメント施設

株式会社東京ドームは、東京ドームシティにある「黄色いビル」6Fを全面改修し、2023年3月に閉館した「宇宙ミュージアムTeNQ」の後継として、宇宙がテーマのエンターテインメントや、宇宙をテーマにした教育プログラムを展開する新たな施設をオープンすると発表しました。

新たな施設では、宇宙ミュージアムTeNQのコンセプトである「宇宙がテーマのエンターテインメント」を残しつつ、最新のデジタルツールや映像を採用して、宇宙をよりわかりやすくよりリアルに感じることのできるコンテンツが展開される予定です。

主に

・フリーローミングVRを活用した未来の宇宙旅行体験

・イマーシブ映像による星空や宇宙の絶景に囲まれた非日常空間を楽しめるカフェラウンジ

・3~6ヶ月ごとに新しいテーマで展示を行う企画展示室

・子供たちを対象にした宇宙をテーマにサイエンスとイマジネーションが融合した新しい教育活動

などが企画されています。

施設概要

◎施設名:未定

◎所在地:東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティ内 黄色いビル6F

◎開業時期:2024年秋

◎施設面積:約2,600㎡

◎施設構成:VR宇宙旅行体験、展示エリア、イマーシブ映像&カフェラウンジ、企画展示室、教育エリア、ショップなど

VRを活用した宇宙旅行体験

VRと、HMDデバイスを利用した体験型コンテンツで、着席型ではなく、半分以上をフリーローミングにすることで、今までにないリアルな体験を楽しむことができます。

参加者はロケットに乗り込み宇宙へ行き、地球や美しい宇宙の景色を楽しみながら、月を目指し、月に到着後は、月面を歩きながらの観光や写真撮影、月ならではの様々な体験をするという体験内容です。

【PR】

宇宙をテーマにした教育プログラム

「ワンダー(不思議に思うこと、興味をもつこと)を探究して、世界と自分がつながるワクワクを感じよう」がコンセプトになっており、サイエンスとイマジネーション、相互の視点を持ったプログラムを通して、子どもたちが分野にとらわれない自由な発想や表現の可能性を広げる体験が味わえます。

総合監修は村山 斉氏

世界的な理論物理学者で東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構教授である村山 斉氏が総合監修・アドバイザーとして就任し、村山氏による教育プログラム特別授業の実施なども予定されているとのことです。

まとめ

2024年秋、東京ドームシティに宇宙をテーマにしたエンターテインメント施設や、宇宙をテーマにした教育プログラム施設が新しくオープンすることが発表されました。

2023年3月に閉館した「宇宙ミュージアムTeNQ」の後継としての施設で、フリーローミングVRを採用した新しい宇宙旅行体験やサイエンスとイマジネーションが融合した新しい教育コンテンツなどが特徴です。

今後施設の詳細については随時発表されるとのことですので、期待しましょう。

ソース:プレリリース[PR TIMES]




【PR】



【PR】

The post VR宇宙旅行が体験できるスペースが東京ドームシティに今秋オープン! first appeared on VR Inside.

Copyright © 2024 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「VR宇宙旅行が体験できるスペースが東京ドームシティに今秋オープン!