昨今、ChatGPTが注目を集めており、AIの発展に対する期待感が高まる中、ディープフェイク技術の悪用など、情報認識や社会への影響が懸念される側面もあります。そこで今回は、計算社会科学者の笹原和俊氏の著書『ディープフェイクの衝撃―AI技術がもたらす破壊と創造』のエッセンスをもとに、AI技術が今後もたらすインパクトについて考察。本記事では、AIに人間の仕事は奪われるのか・奪われないのか? という議論に対する見解や、情報の真偽を判断することの難しさについて語りました。

全文を読む