変化の激しいこれからの時代に必要とされる「人的資本経営」のあり方について語られた本イベント。戦略人事や人事制度改革に取り組んできた人事のプロである髙倉千春氏と、プロティアン・キャリア協会代表理事の田中研之輔氏が、日本企業が抱える課題と、個人と組織がより良い関係性を築くためのポイントについて語りました。本記事では、人的資本経営のど真ん中にある人事の役割と、人事としてのキャリアを築いていくために必要なことについて解説します。

前回の記事はこちら

全文を読む