6月6日午前6時に誕生した悪魔の子・ダミアンと、彼をとりまく人々の戦慄の連続死を描き、全世界を恐怖に包み込んだレジェンド・オブ・ホラー『オーメン』(1976)。当時ホラー・ブームの火付け役ともなった同作の前日譚を描く最新作『オーメン:ザ・ファースト』が、4月5日(金)より全世界同時公開!公開まで2週間余りとなり、注目を集めている本作の、スタッフ陣が、この「オーメン」シリーズの魅力について語ったコメントが到着しました。

本作の舞台となるのは、イタリア・ローマに位置するとある教会。奉仕生活を始めるためにやってきたアメリカ人修練生マーガレット(ネル・タイガー・フリー)が出会ったのは、修道院に預けられた少女カルリータ(ニコール・ソラス)。彼女の周囲ではなぜか人智を超えた不自然な連続死が起こり、その元凶はカルリータにあるとされていた。孤立するカルリータに自分の過去をみたマーガレットは、彼女を気に掛けはじめる。そこでマーガレットは偶然にも、恐怖で人々を支配すべく悪の化身を意図的に誕生させようとする、教会の恐るべき陰謀を知ってしまう・・・。暗躍する彼らを阻止しようとするマーガレットだったが、教会に隠された謎を解き明かしていくその先で、さらなる<戦慄の真実>を目撃することになる――。

「オーメン」シリーズと言えば、まさにホラー映画の金字塔として、見るものを震え上がらせる不穏な空気感や、一気に恐怖のどん底へと突き落とすような衝撃的で凄惨な描写など、1本目となる『オーメン』の公開から長年経った今でもその魅力は色あせることはない――。そんな「オーメン」の世界に魅了されていた1人が、本作の製作総指揮、脚本を手掛けたティム・スミス(『シン・シティ 復讐の女神』『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』)です。

サイコ・スリラーなどに強い影響を受けているという彼は、「『オーメン』の世界に飛び込めるチャンスはものすごくエキサイティングでした」と、その大きな喜びを語っている。本シリーズの魅力について彼は、「1976年の『オーメン』は、このジャンルを高めて当時の人々が抱いていた恐怖心を刺激したという意味で、非常に影響力の大きい映画です。あの映画には心をザワつかせる身近で触覚的な異世界が描かれています。だからこそ当時の私は魅了され、今も魅了され続けているのです」と、熱弁。見る者の感覚を直接刺激するような、普段では味わえない恐怖や緊張感が、時代を超えて今も多くの人を引き付けているのだと話します。

そして、スミスは続けて、「『オーメン:ザ・ファースト』ではまず、どこを見ても、どの片隅も、まったく信頼できないような恐ろしい感覚を作り出すことから始めました」とコメント。「何よりも、ダミアンのオリジンをしっかりと描くと同時に、現代人の心に響く、今この時代の混乱を強く反映したホラーを探求したかったのです。その為に、マーガレットの心の変化を軸に描いていく必要がありました」と、本作に注いだ強い想いを吐露。

悪魔の子・ダミアンへと繋がる衝撃的な描写の数々…。現代に生きる人々の感覚を強く刺激する物語…、そして、マーガレットという主人公の目線で展開される恐怖の連続…。1976年の公開から約半世紀過ぎても色褪せないレジェンド・オブ・ホラー『オーメン』の“はじまり”が描かれる『オーメン:ザ・ファースト』。ホラー映画の金字塔「オーメン」シリーズの“始まりの物語“で明かされる真実に、誰もが驚愕する―。

『オーメン:ザ・ファースト』
(C)2024 20th Century Studios. All Rights Reserved.
4月5日(金)全国劇場にて公開

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「“心をザワつかせる触覚的な映画” 『オーメン:ザ・ファースト』脚本家が語る「オーメン」シリーズが時代を超えて人々を魅了し続ける理由