藤井健太郎プロデュースのDMM TV オリジナルバラエティ番組「大脱出2」が「DMM TV」にて独占配信中です。

シリーズ1作目となる「大脱出」は、TBS『水曜日のダウンタウン』や『クイズ☆正解は一年後』の総合演出として注目を集め、ギャラクシー賞やTVer 年間大賞など数々の賞を受賞してきた藤井健太郎がTBS以外で初めて制作したバラエティ番組。地上波では到底できないスケール感と、これまで様々な企画に挑戦してきたクロちゃんに「肉体的にも精神的にも一番キツかった」と言わしめた過酷な番組は、2023年2月22日より配信されると、たちまち鑑賞者から「最高」「こういうのが見たかった」「お笑いというジャンルには括られない衝撃映像作品」と称賛の嵐となりました。

そんな「大脱出」のシリーズ2作目となる「大脱出2」の制作へのこだわりを藤井プロデューサーご本人に伺いました!

――「大脱出2」も前作に引き続き大変凄くて楽しませていただきました!まず「大脱出」という企画の成り立ちについてもお聞きしたいのですが、配信だからということで意識したことはありますか?

当然、配信コンテンツのことには詳しくなかったんですけれど、パッと見のヴィジュアルにちゃんとインパクトがあって、サムネイル等で目を惹かないといけないんだろうなとは思っていました。なので、クロちゃんを土に埋めさせてもらって。

――あの写真のインパクトは凄まじかったです…!

首まで埋められたクロちゃんがAIアシスタントを駆使してなんとか脱出する…という企画は以前から考えていたストックネタでもあったので、配信の話をいただいたときに、ちょうど良いなと。なので、ややヴィジュアルが先行でそこから企画を肉付けしていった感じですね。

――そのヴィジュアルも含め、シーズン1の反響は感じられていますか?

テレビはもちろんですけれど、バラエティ企画であれくらいの尺を使って、一つのストーリーを完結させることはあまり無いので、見応えを感じてくれているのかなとは思いました。

――「大脱出」シーズン1で難しかったことなどはありますか?

こちらで用意した想定のシナリオや展開はありつつですけれど、当然、演者が全て思っている通りに動いてくれるわけではないので、起きた状況に応じて外側から軌道修正をしながら、ストーリーとして着地させなくちゃならないところですかね。でも、「大脱出」だから特別に難しかった、ということはないかもしれません。ただ、シーズン1でいうと、とにかく現場が寒かった。映像での「寒さ」って、雪があるか、よっぽどの雨が降っているかじゃないと伝わらないんですよね。だから、出来上がりには反映されていない「寒かった損」を演者スタッフ共にしています。特にクロちゃんが。

――砂風呂みたいなものとは違うんですね…。

そうなんですよね。なんとなく僕らも土の中は外より温かそうなイメージがあったんですけど、実際にシミュレーションで埋まってみたら、めちゃめちゃ寒いと。なんでもやってみないと分からないもんだなぁとは思いました。

――「大脱出2」ではいかがですか?想定外のことなどは起きましたでしょうか。

ゴールまでの道筋はシーズン2の方がより明確で、遊びの少ない設計なので、全体としてはそんなに想定外のことは起きていないんですけど、食べ物の受け渡しだったり、物資の運搬に関しては、予想以上の展開がありましたね。

――2のほうがより脱出ゲームっぽいテイストを感じました。

そうですね。いわゆる脱出ゲームに詳しいわけでも、さほど興味があるわけでもないんですけど、作るものの好みとしては近いところがあるかもしれません。

――豪華な芸人さんたちが登場しますが、キャスティングはどの様にして決めるのですか?

普通のことですけれど、基本は適材適所ですよね。「この人にこれをやってもらったら面白そう」とか、「この芸人同士の組み合わせが良い」とか。面白い芸人さんがいてくれるだけでOKということはなくて、あくまでも「この人がこれをやるから面白い」という考え方だと思います。クロちゃんなんかはその辺が顕著で、ある環境下においては誰よりも力を発揮したりもするけれど、クロちゃんが出ていても面白くないことなんていくらでもあるじゃないですか。こういう環境に置いたら、こういう試練を与えたら、こういうゲームに挑戦させたら…と、全ては演者との掛け合わせだと思います。

――これは藤井さんの番組をご覧になっている方なら誰しもが聞きたいと思うのですが、この多種多様なアイデアはどんな時に思いつくのですか?

もちろん、思いついたことを日常でメモしたりもしていますけど、一人で考えたり思いついたりすることは全体からすればそれほど多くなくて、基本は会議ですね。なるべく新しいこと、違うことをやろうとしている「水曜日のダウンタウン」の放送が毎週あるので、そこに向けてチームで常にネタを考えていて、その中から自然と番組向きじゃなかったり、テレビ向きじゃなかったりする企画のストックも出来てはいきますね。

――最近ご覧になって面白かったものや、影響を受けたバラエティ番組を教えてください。

バラエティは最近全然見られていないので、パッとは思いつかないかな…見るとしても仕事のための確認みたいな見方がほとんどだし。あ、「テレビ千鳥」の宮迫さんの「ラヴ・イズ・オーヴァー」の回(「宮迫さんのラヴ・イズ・オーヴァーをちゃんと聴きたいんじゃ!!」)は面白かったですね。全然最近じゃないですけど。

影響を受けたのは「進め!電波少年」だと思います。子供のころに見て、たぶん最初に「作っている側」を意識した番組ですね。表に立っている松村邦洋さんや松本明子さんが番組を主導しているわけじゃなくて、裏にいるスタッフが企画を考えて、この番組をメインで面白くしているんだなってことが子供心にも分かりやすい作りだったので。

――藤井さんが作られる番組も企画が主導で、それを演者主導でさらに面白くしてくれるというすごさがありますものね。

全てがそうではないですけれど、確かに、今回の「大脱出」でいえば、演者さんたちはいまだに全容をあんまり知らないですからね。自分の部屋のこと以外は知らないことも多いので、彼らも視聴者の皆さんと同じタイミングで「あれはそういうことだったんだ!」みたいに、知るんだと思います。

――これからも藤井さんの企画をいちファンとして楽しみにしております!

なるべく他で見たことがないものを作れるように引き続き頑張っていきたいですね。

――今日は素敵なお話をありがとうございました!

撮影:オサダコウジ

■作品概要
「大脱出2」DMM TV にて配信中
■作品ページ
https://tv.dmm.com/vod/detail/?season=9na0ycxrwz7v8fqmse8kyuica
【制作スタッフ】(敬称略)
企画/演出/プロデューサー:藤井 健太郎
構成:大井 洋一/矢野 了平/成瀬 正人/田中 淳也
3/3
【出演者】(敬称略)
バカリズム/小峠 英二(バイきんぐ)
クロちゃん(安田大サーカス)
森田哲矢(さらば青春の光)
東ブクロ(さらば青春の光)
みなみかわ
高野正成(きしたかの)
井口 浩之(ウエストランド)
お見送り芸人しんいち
みちお(トム・ブラウン)
酒井貴士(ザ・マミィ)

※番組の視聴にはDMM プレミアム会員への登録が必要となります。
■「DMM TV」について
アニメを主軸に、バラエティや2.5 次元舞台・ミュージカル、ドラマ、映画など幅広いジャンルのコンテンツを提供する、DMM の新
たな総合動画配信サービスです。月額550 円(税込)の「DMM プレミアム」に加入することで、新作から独占配信作品、そ
してオリジナル作品まで、アニメ約5,900 作品、エンタメを含む19 万本※のコンテンツをスマートフォン・PC・TV アプリなどからお
楽しみいただけます。
※ 2024 年4 月現在
・「DMM TV」:https://tv.dmm.com/vod/
・「DMM プレミアム」:https://premium.dmm.com/welcome/

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「大脱出2」藤井健太郎プロデューサーに聞く「大事なのは企画と演者の掛け合わせだと思います」