オリジナルのフードやドリンクとともに、世界中から厳選されたショートフィルムを「ブラウン管テレビ」で楽しむことができるVHS喫茶「TAN PEN TON(タンペントン)」。昨年、東京・下北沢にオープンすると連日多くの人が訪れています。

「TAN PEN TON」の特徴は何といっても、VHSでショートフィルムを実際に楽しむことが出来ること!映画レーベル「NOTHING NEW」がセレクトした世界中のショートフィルムが鑑賞可能です。

私はバリバリのVHS世代ではありますが、触ったことが無いという方も多いはず!デッキに入れていく感覚は何とも言えないワクワク感があります。

「TAN PEN TON」はドリンク&フードメニューも大充実。アルコール(ジン)を追加出来る抹茶ソーダ「ザ・抹茶」や、アイスクリーム、ポップコーンなど、美味しく楽しみながら鑑賞しちゃいましょう。

作品はアニメーションからSF、ホラー作品まで様々なジャンルがあるのでお気に入りを見つけてくださいね。

グリーンが印象的なロゴステッカーなど、オシャレなグッズが販売されているのでこちらもチェック!

モデル&店内、メニュー写真:ゆう

【TAN PEN TON(タンペントン)】
■場所:下北沢 BONUS TRACK内
■住所:〒155-0033 東京都世田谷区代田2丁目36−13
■オープン時間:13時~21時(ラストオーダー:20時30分)
■定休日:月曜日・水曜日(祝日の場合は翌平日が定休日)
SNS:
X (旧Twitter):@TANPENTON
Instagram:@tanpenton

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「VHSを実際に触って・観れるスタイリッシュなカフェ 下北沢「TAN PEN TON(タンペントン)」