『バイオハザード』と並ぶ、もうひとつのゾンビゲームの金字塔『デッドライジング』がリマスターされる! しかも、カプコンのゲームエンジン「RE ENGINE」の力を得たデラックスなリマスター。タイトルは『デッドライジング デラックスリマスター』で、PlayStation5、Xbox Series X|S、PC(Steam)といったプラットフォーム向けに2024年9月19日(木)発売予定だ。

RE ENGINEによって現代的なビジュアルで復活を遂げた『デッドライジング デラックスリマスター』

今回リマスターされる『デッドライジング』は、2006年に誕生したゾンビパラダイスアクション。「ゾンビパラダイス」という言葉が示す通り、画面を埋め尽くさんばかりのゾンビの群れが特徴となっている。

舞台となるのは、軍によって封鎖されつつある都市に存在する、広大なショッピングモール。フリージャーナリストである主人公、フランク・ウエストはこの状況に特ダネの匂いを嗅ぎつけ、ヘリでショッピングモールへ向かう。

ショッピングモールの中には大量のゾンビだけでなく、生存者も存在している。また、極限状態によって理性を失ってしまったサイコパスも存在。こうした状況でどう生き残るのかが問われることになる。

ストーリー重視の『バイオハザード』に対し、本作の魅力と言えるのが自由度。生き残るための方法は自由。さらにはゾンビと戦うアクションも自由…と、独自のゲーム性が楽しめる作品となっていた。

そんな『デッドライジング』をRE ENGINEによって復活させたのが『デッドライジング デラックスリマスター』。グラフィックは4K/60FPSで表現、モデリングやライティングも刷新されており、現代のゲーム作品に相応しいビジュアルとなっている。

現在予約受付中! 特典付きバージョンも発売

同作の予約は既にスタートしている。また、追加コスチュームがセットになった『デッドライジング デラックスリマスター デジタルデラックス』も発売されるという。通常版、デジタルデラックスのいずれも予約特典が用意されているとのことなので、興味を持った人は早い段階での予約がオススメだ。

(c)CAPCOM

(執筆者: ガジェット通信ゲーム班)

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「あのゾンビパラダイスが「RE ENGINE」の力を得て甦る! 『デッドライジング デラックスリマスター』2024年9月発売