女優やモデルとして活躍する川口春奈さんが、1月26日(金)に発売の雑誌「25ans」3月号の表紙に登場します。 

川口春奈さんは長崎県出身の現在28歳。2007年より芸能活動を開始し、2009年に女優デビュー。ドラマ「夫のカノジョ」や大河ドラマ「麒麟がくる」、映画「好きっていいなよ。」などに出演しています。 

同誌のCover Girl Storyでは、川口さんに “私らしさ”をどう保っているかを質問。川口さんは次のように回答しています。 

「ライフステージのなかでのバランスでは、“年齢的にそろそろこうしなきゃ”“仕事と家庭、どちらかを選ばなきゃ“という概念はもっていないです。自分がやりたいことを、そんな理由でできないのはすごく嫌です。(中略)自分の芯ややりたいことがしっかりあって、周囲に左右されない。プライベートでも仕事でも、そんなスマートな内面をもつ人こそ、エレガントだと思います。それは”かっこいい“にもつながることではないでしょうか。」 

そして、今号の総力特集は「エレガンスが教えてくれること」。25ansが掲げる普遍的なコンセプト“エレガンス”の最新のチャプターを、ファッションや暮らし方などを通し紹介しています。 

川口春奈さんが表紙を飾る「25ans」3月号は1月26日(金)に発売です。 

25ans (ヴァンサンカン) 最新号:2024年2月号 (発売日2023年12月27日) ハースト婦人画報社
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「「やりたいことをそんな理由でできないのはすごく嫌」川口春奈が語る “私らしさ”を保つ秘訣とは?