ラーメン店「AFURI」とキッコーマン食品が共同開発したコラボメニュー「筋活 柚子塩らーめん キッコーマン大豆麺使用」が、5月8日から6月7日までにかけて、「AFURI」計12店舗で提供される。これに伴い、7日都内にてメディア向け試食会が実施され、キッコーマン食品プロダクト・マネジャー室の福田大悟氏と、AFURI代表取締役の中村比呂人氏が出席した。

コラボメニュー「筋活 柚子塩らーめん キッコーマン大豆麺使用」は、“ヘルシーとおいしさの両立”をテーマに開発されたラーメン。「AFURI」の看板商品である「柚子塩らーめん」のスープに、大豆を50%配合した低糖質・高たんぱく麺「キッコーマン 大豆麺 細麵」を使用しており、1食にたんぱく質45gを含み、糖質は通常の柚子塩らーめんと比較して62%オフとなっている。

トッピングは、「AFURI」で人気の鶏チャーシュー・味付け煮玉子・ブロッコリーに、本コラボ限定具材であるアスパラガス・カメリナオイル漬けセミドライトマトの5種類。後乗せトッピングの「本枯節」で、旨味をプラスし味変を楽しめる内容だ。

2022年8月から「キッコーマン 大豆麺」シリーズを発売し始めたキッコーマン。福田氏は、「大豆麵は聞いたことがあるけれど、食べたことがない、どんな味がするんだろう?といったお客様からの声が多数あり、喫食体験できる場を作りたいと考えていました。ビーガンラーメンやこんにゃく麺など、健康や美容に配慮したメニューをすでに提供されているAFURIさんは、おいしさだけではなくプラスアルファの価値を提供していく想いをもった企業さんです。キッコーマンの低糖質・高たんぱく麺『大豆麺』のコンセプトと共通する部分も多いと思い、お声がけさせていただきました」と、本コラボ企画の背景を語った。

大豆麵の魅力は、「人間の報酬系をハックできる、お腹を満たせて、心も満たして、さらに生きていく上での栄養素を補給できること」と中村氏。通常のラーメンの麺に使われる小麦粉は50%カットされ、その部分をたんぱく質で補っている。つまり、糖質と炭水化物が、“筋活”に必要とされるたんぱく質に置き換えることができる。

イベント終盤で試食させてもらったのだが、第一においしい!これが通常のラーメンに比べて糖質50%以上オフなの!?本当に!?と感じるほど、味が旨い。次に、「キッコーマン 大豆麵」だが、こちらは新食感。のどごしなめらかで、食感としては蕎麦のようなざらつきを感じた。麺の味柚子塩スープはあっさりとしていて、トッピングの具材や追いかけの本枯節で味や食感の変化を楽しみながら、ペロリと完食した。通常のラーメンと変わらない量で満足感がありながらも、ヘルシーなのだから、何だか得した気分である。

ダイエットを意識している方や栄養バランスを意識している方、いつもはラーメンを控えているという方も、「筋活 柚子塩らーめん キッコーマン大豆麺使用」であれば、罪悪感を持たずにおいしいラーメンを楽しめるだろう。お近くの店舗でぜひお試しあれ。

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「「ラーメン=高カロリー」の常識を覆す!AFURI×キッコーマンコラボ「筋活 柚子塩らーめん キッコーマン大豆麺使用」期間限定販売