ロックバンド「THE ALFEE」のメンバーが、7月1日発売の雑誌「AERA」7月8日増大号の表紙に登場しました。

今年8月にデビュー50周年を迎えるTHE ALFEE。今号では、日本の音楽界の先頭を走り続けてきた3人が、これまでの活動を振り返ったインタビューを掲載しています。

これまでの道のりについて高見沢俊彦さんは「正直それほど時間が経った感覚はないんです。3人で一緒に音楽を奏でるのが日常なので」とコメント。坂崎幸之助さんは「あっという間。学生の頃のノリのまんま、ずっと続いている」、桜井賢さんは「僕らは人生のほとんどがアルフィー」と語っています。

その他にも、インタビューでは曲が売れなかったというデビュー直後の苦労話なども語っており、3人の絆が感じられる内容となっています。

同誌のその他の内容は、大学が求める学生像を紹介する「大学がほしい学生」、直接的な言葉ではなく表情や態度によって相手に苦痛を与える「不機嫌ハラスメント」に関する特集。白洲迅さんを対談相手に迎えた松下洸平さんの人気連載「じゅうにんといろ」などとなっています。

THE ALFEEが表紙を飾る雑誌「AERA」7月8日増大号は7月1日発売です。

AERA(アエラ) 最新号:2024年7/8号 (発売日2024年07月01日) 朝日新聞出版
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「デビュー50周年を迎えるTHE ALFEEが雑誌「AERA」に登場!これまでの活動を振り返ったインタビューを掲載