モトローラ・モビリティ・ジャパン合同会社はAndroid™︎スマートフォン「motorola edge 50 pro/50s pro」を2024年7月12日から新発売します。
モトローラの中でも個性的なプレミアム性能を誇るedgeシリーズの新機種で、edge40の後継モデルとなります。
発売にあたり行われた新製品発表会では、カメラや映像に精通するクリエイターをゲストに迎え、新機種の魅力を紹介するトークセッションも開かれました。

・“これからの速さ、これからの美しさ”を追求

「motorola edge 50 pro/50s pro」はモトローラ史上最速、1%~100%を19分で充電。125W TurboPower™︎で急速充電にも対応。さらに大容量の4,500mAhバッテリー搭載で長時間の使用も可能となっています。

CPUにQualcomm社製Snapdragon®︎7の最新のGen3 SM7550を搭載し、SNS・動画・ゲームなどストレスなくサクサクと快適に行うことができます。

またプレミアムデザインにこだわり、手に馴染むカーブデザインや滑りにくく持ちやすいヴィーガンレザーを採用。環境に配慮した素材を使用しているところもポイントです。

カラーは「motorola edge 50 pro」がブラックビューティーとリュクスラベンダーの2色。ソフトバンクが独占販売を行う「motorola edge 50s pro」は前述の2色にバニラクリームを追加した3色の展開となります。
6.7インチのカーブディスプレイで迫力あるクリアな映像を楽しめ、ドルビーアトモスのステレオスピーカーで没入感のある音楽も楽しめます。

・AIを用いた高性能カメラシステムで鮮やかな写真や動画を手軽に撮影

5,000万画素のメインカメラ+1,300万画素超広角/マクロカメラ+1,000万画素3倍光学望遠カメラで構成したトリプルカメラシステムに5,000万画素のインカメラを搭載。レーザーAFで低光量でも明るく鮮明な写真撮影が可能です。

最新の技術のAIにより、白飛びや手ブレなどを補正し、様々なシーンでシャッターチャンスを逃さない仕様に。AIオーディオズームで動画撮影時の人の声をしっかりキャッチしたり、ドキュメントスキャンなどの機能も備わっています。
さらに撮影した被写体の写真をAIが分析して被写体ならではの壁紙を生成してくれるなど、自分好みのカスタマイズもできます。

・「motorola edge 50 pro」の魅力をクリエイターが解説

発表会では映像クリエイターの石田 裕一さん、ストリートスタイルフォトグラファー/ジャーナリストのシトウ レイさんをゲストに迎え、「motorola edge 50 pro」の実際の使用感などを語るトークセッションが行われました。

お二方とも普段から写真や動画を撮影する仕事をされていますが、スマートフォンでの撮影はその時に気になるものを撮影するのに向いていると石田さん。

石田さんが実際に「motorola edge 50 pro」で撮影した写真は、被写体にギリギリまで寄り後ろのボケまで表現できているものや、望遠で撮ってもボケない景色、薄暗い時間帯でも美しい夕焼けの風景をキレイに切り取ったものなど、とてもスマートフォンで撮ったとは思えない作品ばかり。

また石田さんが動画で撮影したものを編集したビデオも上映され、
「普段動画を撮ることが多いのですが、motorola edge 50 proは手ぶれ補正がすごく、ジンバルを使わなくても滑らかに撮影することができました。細かな設定をしなくても、何気なく撮ってもキレイなところが素晴らしいと思います。」
とカメラ性能への感動を語りました。

またシトウさんはプライベートで気になる写真はスマートフォンで撮影することが多いそうで、
「スマートフォンを振るだけでカメラが起動し、自分の目の延長で使えて撮りたい時にすぐに撮れるのがすごく良い!」とこちらも感動の様子。

またデザインに関してシトウさんは、
「ヴィーガンレザーは手馴染みが良くて、ザラザラとしているので滑りづらく落とさないのが良いですね。スタイリッシュでなかなかないリュクスラベンダーカラーも気に入っています。」
と感想を述べられていました。

誰でもプロ並みの写真や動画が簡単に撮影でき、超急速充電や大容量バッテリーで日々に余裕を与えてくれる「motorola edge 50 pro/50s pro」。
毎日を共にしてくれる心強い相棒となってくれそうです。

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「わずか19分で完了する超急速充電対応!AIカメラや美デザインが魅力の新機種「motorola edge 50 pro/50s pro」発売