24節気の冬至(12月22日~1月5日頃)は、北半球で1年のうち昼の時間が一番短い日です。中国では太陽の力が最も弱くなることから「死に最も近い日」として恐れられてきた一方で、この日を境に日照時間が延びていくことから、陰から陽へ運をあらため幸運へと向かう折り返し地点とも位置づけられてきました。

全文を読む