ごはんやお酒のお供にぴったりな「なめたけ」をご存じですか。
えのき茸をしょうゆ・酒・みりん・砂糖で煮て甘辛く仕上げる一品です。
そんな「なめたけ」がバージョンアップした商品をドン・キホーテで発見しました!
「絶対に美味しそう!」と筆者が飛びつき、購入してきましたのでご紹介します。

ドンキ「きのこ三昧」えのき・きくらげ・ひらたけ・しいたけぎっしり!

筆者が美味しそう!と飛びついた商品は、その名も「きのこ三昧」です。

「なめたけ」はえのき茸のみですが、この商品は4種のきのこが入っています。
「きのこ三昧」という商品名で4種のきのこ…狙っているのか、たまたまなのか。
思わず「クスッ」と笑ったあなたは、きっとドンキワールドのとりこにハマる一歩手前かもしれませんね。

4種のきのこてんこ盛り♪

「きのこ三昧」の気になるスペックですが、使われているきのこは4種。

  • えのき茸
  • ひらたけ
  • きくらげ
  • しいたけ

残念ながら国産ではなく原産国は中国なのですが、きのこの種類の豊富さとこの量ならば仕方ないとうなずけます。

商品棚のポップには「驚きのニュースがない商品は発売しません」と書いてありました。
たしかに、4種のきのこが贅沢に共演しているのには驚きですし、この価格なら、さらに驚きです!

おかずにも調味料にもなる?

商品パッケージには「少し濃い味に作っているので、ご飯はもちろん、そのままパスタや卵とじなどの素材に合わせるだけで一品完成!」と書いてあります。

パスタは思いつかなかったですね。次回は試してみたいです。

のっけるだけで贅沢な一品が完成する魔法のアイテム

今回はアレンジして料理…ではなくて、色々とのっけたものを紹介します。

まずは冷ややっこにのっけてみました!
冷ややっこにのせる薬味って悩みませんか?
定番のかつお節に刻んだネギ、天かすやミョウガなんかもいいですよね。

しかし、レパートリーが尽きるのも早いです。
この「きのこ三昧」なら、酸味と甘味のバランスがいいのでとうふが苦手なお子さまも喜んで食べるのではないでしょうか?

大根おろしが苦手でも…きっとこれなら食べられる!

つぎに、大根おろしです。
味付けが濃いめの「きのこ三昧」なので、おしょうゆ代わりになります。

大根おろしにかけるおしょうゆってついついかけすぎてしまいませんか?
これなら、おしょうがなくても美味しく大根おろしが食べられます。

塩分の取りすぎを気にされている方には特におすすめですね。

うどんにのせて、簡単きのこ月見うどんはいかが?

こちらものせただけですが、簡単にお食事メニューが完成しました。

《簡単きのこ月見うどん》

  1. 冷凍うどんを作り方をみて茹でる(※乾めんでもOK)
  2. めんつゆを使ってかけ汁をつくる
  3. うどんを器によそって、かけ汁をかける
  4. 生卵を落として、となりに「きのこ三昧」をたっぷり添える

筆者は冷凍庫にあった冷凍うどんで作ったのですが、とっても簡単!
手際よく作れば、お鍋一つで5分くらいで作れちゃいます!

ドンキ「きのこ三昧」で”きのこ感”変わるかも?

今回の記事では、ドンキPB情熱価格から「きのこ三昧」をご紹介しました!

簡単に色々な料理に取り入れられる一品ですよね。
甘じょっぱくて、少し酸味があるので、もしかしたら好き嫌いがあるかもしれません。
しかし、色々な料理に使える「きのこ三昧」、朝から晩まで豊かな食卓になりそうです。

ぜひ店頭にて商品をチェックしてみてください。 

〈商品情報〉
商品名:きのこ三昧
価格:322円(税込)
内容量:370g 

※商品の価格は購入時のレシートを参考にしています。
※店舗や時期によって在庫状況は異なります。また、商品は価格変更や販売終了などになることがありますのでご了承ください。

情報提供元:トクバイニュース
記事名:「あの”なめたけ”の上位互換!?【ドンキ】情熱価格「きのこ三昧」の汎用性高すぎなんよ♪「リピ確だね!」