「織り米(R)」を冠した第1弾商品
ブランドプロデュース・飲食業・製菓業等を展開するミライトス株式会社は、有限会社松勘商店と連携して「織り米『岩手雑穀米グラノーラ』」を発売した。

岩手県は、雑穀の国内生産量日本一である。雑穀米は、ミネラル類、食物繊維、ポリフェノール等を含み、健康食の観点からも注目されている。

「織り米」は、ミライトスがプロデュースし、松勘商店の登録商標ともなっているブランド。明治44年創業の老舗米屋である松勘商店と協力して、岩手県産の雑穀やお米のおいしさや魅力を掘り下げ、広めていくことにより、岩手の楽しさ、食の豊かさを伝えたいという思いで立ち上げた。

岩手が誇るブランド米「金色の風」入り
『岩手雑穀米グラノーラ』は、岩手県産の雑穀(黒米・赤米・アマランサス)と、白米として岩手のブランド米「金色(こんじき)の風」を使用した。

その他には、オートミール・ドライフルーツ(クランベリー・レーズン・パパイヤ・パイナップル・マンゴー)が入っている。さらに、ココナッツファイン・アーモンド・カボチャの種・くるみ・クコの実など盛りだくさんとなっている。

五ツ星お米マイスター(お米のスペシャリストで専門知識を持つ者の証)の協力と監修のもと、雑穀とお米のおいしさや食感を生かしたグラノーラに仕上がった。味は、プレーンとキャラメルの2種。販売価格は、1袋130g入りで、各864円(税込み)。

(出典元の情報/画像より一部抜粋)
(最新情報や詳細は公式サイトをご確認ください)


※出典:プレスリリース

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「雑穀王国岩手の魅力を味わう『岩手雑穀米グラノーラ』発売