「クリーンエンス」攻めの美容液を発売
オルビス株式会社は2024年3月20日、同社が展開するスキンケアブランド「クリーンエンス」より、新作美容液「ハイドライルミネイティング アドバンスド セラム」(税込5,940円)を発売した。オルビスの公式オンラインストアおよび一部のオルビス直営店舗にて購入可能だ。

独自のアップサイクル理論から開発
「ハイドライルミネイティング アドバンスド セラム」は、内側から発光するようなツヤとハリを与える先行型美容液。シリーズ独自の「アップサイクル理論」により、素肌にうるおいを“巡らせる”アプローチを採用している。

また本来は廃棄されるはずの果実や植物を、肌が必要とする保湿成分として活用。「モモ果実エキス」が外部刺激による肌トラブルを防ぎ、「イリス根エキス」が肌のキメを整える。たっぷりのうるおいで満たすことで、本来持つ美しさを引き出すアイテムだ。

植物の生命力で枯れない肌に
同商品には植物が持つ生命力に着目した植物エキスを贅沢に配合。過酷な環境下でもたくましく育つキャッサバ由来の「トレハロース」や、「ワイルドタイムエキス」、「クチナシ果実エキス」が、角層までみずみずしくうるおしハリ・ツヤ・透明感をもたらす。

オイルのようになめらかテクスチャーで、肌に乗せた瞬間美容成分が摩擦感無く浸透。キメ1つ1つに染み渡る。

(出典元の情報/画像より一部抜粋)
(最新情報や詳細は公式サイトをご確認ください)

※出典:プレスリリース

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「うるおいを巡らせて発光ハリ肌に!「クリーンエンス」の先行型美容液誕生