ニキビケアに特化
武内製薬株式会社は1月22日、同社が展開するスキンケアブランドよりニキビに特化した「ByeByeNIKIBIシリーズ」より、「KIWAMI ByeByeNIKIBI ニキビパッチ」を新たに販売すると発表した。同社はスキンケア商品の販売実績が250万個超えの製薬会社である。

そのノウハウを活かしニキビケアに特化した新ラインを作りたいという社内の声からスタートした、今回の新商品「KIWAMI ByeByeNIKIBI ニキビパッチ」。ブランド第一弾の商品となる。

可愛いパッケージも
新たに販売する「KIWAMI ByeByeNIKIBI ニキビパッチ」は、56パッチ入りで税込み価格990円。アロエベラ葉エキスやツボクサ葉、茎エキス、ティーツリー葉油、オリーブ果実油などの10種の添加成分が配合されており、使うごとに肌を保湿。

防腐剤や石油系界面活性剤、合成着色料など9種の無添加を実現しており、長時間の使用でも安心して使えるのが特徴的である。

企画から製造まで全て日本国内で行っており、スティンギングテストやパッチテストといった安全性評価試験も実施。手に取りやすい可愛いパッケージに、複数サイズを取りそろえたパッチが入っている。

同社は「KIWAMI ByeByeNIKIBI ニキビパッチ」の発売を通じて、今後はニキビケアシリーズとエイジングケアシリーズの二本柱で商品を展開していく予定としている。

(出典元の情報/画像より一部抜粋)
(最新情報や詳細は公式サイトをご確認ください)

※出典:報道用資料

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「製薬会社の本気!10種の保湿成分を配合したニキビパッチが販売開始