爽やかですっきりとした新フレグランス
2024年2月7日、株式会社リベルタは自社が展開するブランド「クーリスト」において、「スカルプクーラー」の新しい香りを3月1日から発売すると発表した。

スカルプクーラーは零氷感ローションで、汗だくになりがちなドライヤータイムの救世主として登場したアイテム。

夏の気温は年々上昇しており、汗を流すためにシャワーを浴びても、その後のドライヤーの熱でまた汗が噴き出すことも少なくない。そんな時に役立つのが、塗った瞬間に、気化熱によって-5度が感じられるスカルプクーラーだ。

ドライヤーの前に頭皮へ直塗りすると、ドライヤーの温風を浴びてもひんやり感を実感できる。

髪の根元をふんわりさせる効果も
スカルプクーラーはひんやりするだけでなく、髪の根元をふんわりさせる効果もある。頭皮の皮脂や汗を吸着させるためにシリカを配合することで、ぺたんこになりやすい根元がふんわりと立ち上がる。

また、汗や皮脂、紫外線などでダメージを受けた頭皮に潤いを与えるため、保湿成分として植物エキスを配合している。

これまで、フレグランスは「フローラルミント」だけであったが、今回は数量限定で爽やかですっきりとした「シトラスミント」が登場する。

(出典元の情報/画像より一部抜粋)
(最新情報や詳細は公式サイトをご確認ください)


※出典:プレスリリース

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「ドライヤータイムの救世主に新フレグランスが仲間入り