SNSで盛り上がった選りすぐりのネタを紹介するcitrus。

 

今回は話題の情報から少し離れてひと休み。頭の体操でリフレッシュしましょう!

 

出題するのは雑学クイズです。 世界最大の「雹(ひょう)」の重さはどれくらいだったでしょう?

 

 

■気になる解答は…

 

 

答えは……「③カボチャ」でした!

 

 

■解説

 

日本の気象を記録した「気象要覧」によれば、1917年6月29日、埼玉県長井村(現在の熊谷市の一部)に降った雹は7寸8分、つまり23.6センチありました。同日、中條村(現在の熊谷市の一部)では、1個の重さが900匁(約3.4キロ)というカボチャ並みの雹が降ったという報告も残されています。

 

 

こちらの問題は、『大人の教養 博識雑学2000』を参考に出題しています。

 

 

書籍では他にも、文化・社会・サイエンス・地理・歴史・ワールド・芸術・生活・スポーツなどなど……幅広いジャンルから思わず誰かに話したくなる「雑学ウンチク」を2000本、一挙収録しています!


文系理系ではくくれない、最強の「大人の教養」を得たい方にはおすすめですよ! 興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね♪

情報提供元:citrus
記事名:「【雑学クイズ】世界最大の「雹(ひょう)」の重さはどれくらいだったでしょう?