「Tomorrow Land(トゥモローランド)」から、ドイツ生まれの世界的スポーツブランド「PUMA(プーマ)」の永遠の定番モデルである “SUEDE(スエード)”を MADE IN JAPAN で制作した別注モデルが登場した。

「プーマ」と当時契約していたNBAプレイヤー、Walt “Clyde” Frazier(ウォルター“クライド”フレイジャー)によって生み出された初期モデル“CLYDE(クライド)”が1973年に誕生。彼の契約終了後に生産された旧ユーゴスラビア製のモデルが、品番である“90681”というモデル名で、カタログに掲載され販売が続けられたが、90年年代に入り、ストリートでの通称名である“SUEDE”と命名された。その後2000年代に入り、その復刻版として「SUEDE VTG」が登場する。

PUMA “SUEDE” Made in Japan model ¥29700

この復刻モデルをベースにアップデートしたのが今回「トゥモローランド」から発売された日本製の”SUEDE”。木型から作り上げ、さらにサイドラインをパンチングレザー仕様に変更することで、モダンなルックに仕上がっている。

メイド・イン・ジャパンのエクスクルーシブモデル”SUEDE”は「トゥモローランド」の公式ショッピングサイトほか、全国のメンズ取り扱い店舗にて展開中となっているので、気になる方はお近くの店舗で是非チェックを!


(問)トゥモローランド www.tomorrowland.co.jp/

The post トゥモローランドから、プーマの定番モデルである“SUEDE “の別注メイド・イン・ジャパンモデル登場。 first appeared on GO OUT.

情報提供元:GO OUT
記事名:「トゥモローランドから、プーマの定番モデルである“SUEDE “の別注メイド・イン・ジャパンモデル登場。