1973年の創業以来、さまざまなカルチャーに影響を与えてきたアウトドアライフスタイルブランド「Timberland(ティンバーランド)」が、東京デザインコレクティブによるカプセルコレクション「Timberland +8 13」の第2弾を発表。往年のパニナロスタイルを現代的に解釈して提案する。

1986年のミラノで大流行した、USワークコーデにティンバーランドのブーツやデッキシューズを合わせる、伊流アメカジ“PANINARO”を再編集。ヨーロッパ風カラーブロックのジャケットやタイトめボトムス、ポップな小物などのラインナップによって、当時のノリをモダンに蘇らせた。

日本の伝統的なクラフトマンシップにこだわったメイドインジャパンのプレミアムラインであり、取り扱うのは2月8日にオープンする代官山の旗艦店Timberland Boutique Tokyoとオンラインのみ。生産数にも限りがあるので、早めにアプローチしないと後悔するだろう。


(問)ティンバーランド www.timberland.co.jp/

The post ティンバーランドの東京発信企画第2弾はミラノ流アメカジがテーマ。 first appeared on GO OUT.

情報提供元:GO OUT
記事名:「ティンバーランドの東京発信企画第2弾はミラノ流アメカジがテーマ。