2003年のブランドスタート以来、西海岸の心地よくリラックスした空気感をデイリーなウェアに落とし込む「STANDARD CALIFORNIA(スタンダード カリフォルニア)」。今回紹介するのは、80年代サンフランシスコのスケーター、パンクスの間で流行した「キャップショルダージャケット」。

今回スタンダードカリフォルニアが手がけたのは、ハリントンジャケットのようにライトに着られるキャップショルダージャケット。

SD CAP SHOULDER JACKET ¥29000

ヴィンテージをベースとしてキルトの裏地、前立て、裾リブなどをなくしてスッキリと着やすくし、リブも春夏仕様のサラッとしたポリエステルのオリジナル編み立てリブに変更。

丈夫で打ち込みの良いT/Cツイルを使用することで、ヴィンテージウォッシュ加工を加えて柔らかく、自然なエイジングに仕上がっている。

キャップショルダージャケットは今でもスケーターやバイカーなどに愛されている、カルチャーのあるアウター。スタンダードカリフォルニアによって再構成された逸品は、ワードローブのメインアイテムとなりそうだ。


(問)スタンダードカリフォルニア tel:03-3770-5733 www.standardcalifornia.com/

The post スタンダードカリフォルニアが、80年代ムードなタフ アウターをリリース。 first appeared on GO OUT.

情報提供元:GO OUT
記事名:「スタンダードカリフォルニアが、80年代ムードなタフ アウターをリリース。