富山県と長野県を結ぶ世界有数の山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」は、2024年4月15日(月)に全線開通します。立山黒部の春を代表する「雪の大谷」の今年の雪の壁の高さは14mとなりました。

立山黒部の春を満喫できる「2024 立山黒部・雪の大谷フェスティバル」開催
【2024 立山黒部・雪の大谷フェスティバル】

●期間       2024年4月15日(月)~6月25日(火)
●会場       立山室堂平・大観峰
●内容

雪の迫力を楽しめる「雪の大谷ウォーク」や美しい雪景色をゆったり堪能できるゴールデンウイーク限定イベント「立山ユキテラス」、北陸新幹線の延伸に合わせてリニューアルした「延伸!パノラマロード」など、雪の白さと空の青が美しい春の立山の魅力を味わえる多彩なイベントを実施します。

◎SNS企画「夏でも雪!」2024雪の大谷高さ予想キャンペーン

●期間   2024年4月15日(月)~5月31日(金)

●内容   X(旧:Twitter)で、雪の大谷フェスティバル最終日6月25日(火)の雪の壁の高さを予想して引用リポストで投稿、予想が当たった人の中から抽選でアルペンルートの乗車券をプレゼントします。

平地では夏を感じる6月下旬でも室堂平周辺にはまだまだ積雪があり、「雪の大谷」の雪の壁も例年10m近く残っていることを体感してもらうため、雪の大谷フェスティバル最終日の雪の壁の高さを予想してもらうキャンペーンを今年初めて実施します。

●参加方法 4月15日(月)投稿予定のポストに、雪の大谷フェスティバル
      最終日6月25日(火)の雪の壁の高さを予想して引用リポストで投稿

●商品   アルペンルートの乗車券 抽選2名様

【立山黒部アルペンルートとは?】

中部山岳国立公園・立山にある山岳観光ルート。富山県の立山駅から長野県の扇沢間は、雪の大谷の中を駆け抜ける「立山高原バス」、日本最後の「立山トンネルトロリーバス」などの様々な乗りものを乗り継ぎながら、大自然の絶景を気軽に楽しむことができます。

営業期間:2024年4月15日(月)~11月30日(土)(予定)

(出典元の情報/画像より一部抜粋)
(最新情報や詳細は公式サイトをご確認ください)
※出典:プレスリリース

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「富山県と長野県とを結ぶ立山黒部アルペンルート、 4月15日(月)に全線開通!今年の雪の大谷の高さは14m!