インフルエンサープラットフォーム「bibico」

国内と韓国でインフルエンサーマーケティングを展開する株式会社bibin(本社:東京都港区、代表取締役:仲 大輔、以下 bibin)は、2023年12月8日(金)にインフルエンサープラットフォーム「bibico」の提供を開始しました。

同プラットフォームは、インフルエンサーによるPR案件の検索、応募、参加がスムーズにおこなえ、案件確定後のスケジュール管理までを一括で管理できるプラットフォームです。
インフルエンサーが案件を管理しやすくなることで、これまで以上にスムーズなPR投稿の進行が可能となり、より商品の魅力を伝えやすくなります。

また、2023年10月に始まったステマ規制に伴い、インフルエンサー自身もリスクに晒されている中、事前に薬機法のチェックができるよう、投稿内容の薬機法やPR表記確認をAIが自動で判定し、修正する機能も搭載いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/378643/LL_img_378643_1.png
インフルエンサープラットフォーム「bibico」

今後、bibinではインフルエンサーのためになる事業を、次々と構築してまいります。また、メーカー様とのコラボや、法人向けのプラットフォーム「bibico for Business」などをリリースし、インフルエンサーとメーカー様の双方の力になれるよう尽力してまいります。


■株式会社bibinについて
「“NOT JUDGING”日韓の懸け橋となる企業へ」

株式会社bibinは、日韓両国の人・文化・ビジネスを繋ぎ、世界に更なる価値を提供することをミッションとする、インフルエンサーマーケティングカンパニーです。
インフルエンサーギフティングやインフルエンサーキャスティングなど、インフルエンサーPRに専門特化したサービスを展開しています。
日本と韓国に拠点を持っていることを強みに、これまで200社を超える日韓の企業様やインフルエンサー様と共に成長してきました。

今後は、『日韓両国の発展を促進するリーディングカンパニーになり、世界に更なる価値を提供する』ことを目指し、挑戦を続けてまいります。


■会社概要
株式会社bibin(ビビン)
https://bibin.jp/
代表者 :代表取締役 仲 大輔
設立 :2020年10月
事業内容:SNSマーケティング事業
所在地 :日本本社(bibin co.,Ltd)
東京都港区赤坂3-21-15 東都赤坂ビル2A
韓国支社(bibin korea co.,Ltd)
Yuwon Building, 116, Seosomun-ro, Jung-gu, Seoul04513
Republic of Korea

情報提供元:@Press
記事名:「<株式会社bibin>AIを活用した薬機法、PR表記が確認できるインフルエンサープラットフォーム「bibico」の提供を開始