店内風景


アンティークトランクのフォトスポット


カフェ


体験工房イメージ

レディースバッグの企画製造販売を行う株式会社ツタハラ(本社:大阪市中央区/代表取締役:蔦原 智弘)は、兵庫県豊岡市出石町にて、日本のかばんづくりの歴史を体感できる、体験型ショップ「かばんの館」を2024年4月12日9時30分にグランドオープンいたします。

「かばんの館」は2001年に豊岡市神美台(豊岡中核工業団地)にて創業。2022年に創業者の永島氏が高齢を理由に株式会社ツタハラに事業譲渡し、経営を引き継ぎました。
2024年1月2日に豊岡市出石町の現在地に移転し、プレオープン営業してきましたが、このたび店内にカフェがオープンするのに合わせて4月12日にグランドオープンし、広く発信することといたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/390044/LL_img_390044_1.jpg
店内風景

■店舗の特徴
食品スーパー跡地を活用した約180坪の広い売り場をリノベーションし、城下町出石や城崎温泉などのレトロな世界観を表現した大正ロマンをテーマにした空間を作っています。店内にはアンティークトランクをコレクションしたフォトスポットを備えています。また、ミニバッグやコインケースづくりを楽しめる体験工房を設置しています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/390044/LL_img_390044_2.jpg
アンティークトランクのフォトスポット

■取扱商品
売り場では、地域ブランド「豊岡鞄」の販売コーナーのほか、豊岡市だけでなく日本各地で作られた鞄やバッグ、財布、革小物を中心に約1,000点を展示販売しています。また日本で企画し、海外で製造したリーズナブルな商品も取り揃えており、幅広いお客様のニーズに応える品ぞろえとなっています。
株式会社ツタハラはレディースバッグを主に扱うメーカーであり、レディースバッグの品ぞろえの豊富さが最大の特徴です。また商品の価格帯(税込)は日本製の革バッグで13,000円~27,000円程度、合成皮革製バッグで6,000円~9,000円がボリュームゾーンとなっており、旅行中の観光客の方がお求めやすい価格帯となっております。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/390044/LL_img_390044_6.jpg
取扱商品例1

■カフェコーナー
フォトスポットを兼ねた店内カフェでは、豊岡市内で焙煎した但馬珈琲を提供。地元で長年愛されてきたコーヒーを味わいながら、ゆっくりとかばん選びを楽しんでいただけます。
カフェメニュー:コーヒー 400円(税込)~

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/390044/LL_img_390044_3.jpg
カフェ

■「かばんの館」店舗概要
・所在地 :兵庫県豊岡市出石町柳4番地(全但バス 出石営業所となり)
・店舗電話番号:0796-52-5999
・営業時間 :9:30~17:00 (カフェは9:30~16:30 L.O.)
・取扱商品 :鞄、バッグ、財布などの服飾雑貨
・店舗面積 :約700平方メートル(バックヤードを含む)
・駐車場 :普通車20台、大型バス3台
・初年度は来店客数3万人、60百万円の売上を目標としています。


■会社概要
株式会社ツタハラは1944年に大阪で創業したレディースバッグ、財布などの企画製造販売を手掛ける会社です。「自ら探してきてもらえるような魅力的な価値の創造」を理念とし、国内外のバッグメーカーと協業により魅力的なバッグ作りを目指しています。

・所在地 : 大阪市中央区南久宝寺町1-3-8
・代表者名 : 代表取締役 蔦原 智弘
・資本金 : 1,000万円
・自社サイト: http://www.tsutahara.co.jp

情報提供元:@Press
記事名:「かばんの町兵庫県豊岡市にある城下町出石に各地のかばんを集めた観光客向け「かばんの館」が2024年4月12日グランドオープン!