コーヒーレザーで作られたアイテムサンプル

オリジナル革製品の企画・デザイン・販売を行うステータシー株式会社は、2024年7月に、クラウドファンディングを通じてコーヒーヴィーガンレザーとしては初となる自社製品を発売予定です。

当社が開発した、コーヒーの廃棄物を活用して作られたサステナブルな新素材「コーヒーヴィーガンレザー」は、発表から1年が経過し、様々な製品開発が進められています。2021年の開発開始から、素材の改良を行い、現在はファッション小物だけではなく、ソファーやスツール等に使える高耐久な素材も販売しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/390254/LL_img_390254_1.jpeg
コーヒーレザーで作られたアイテムサンプル

■開発のきっかけ
日本国内で年間42万トン以上が消費されるコーヒー。その一方で、焙煎不良や抽出後のカス(残渣)など、大量のコーヒー廃棄物が発生しています。これらを有効活用しようと、ステータシーは「コーヒーヴィーガンレザー」の開発に着手。この新素材は、最大30%のコーヒーを含み、全て日本国内で生産されるメイドインジャパンの製品です。


■抗菌・消臭が期待される機能性とサステナビリティの融合
専門の研究機関による調査結果によれば、コーヒーヴィーガンレザーは体臭の原因となる臭気成分を減少させると同時に、抗菌効果も発揮することが明らかになりました。この発見を基に、ステータシーは機能性を活かした製品開発に取り組んでいます。具体的には、日常生活での使用に適したスリッパやソファーなど、環境に優しいサステナブル素材の利用を進めています。


■東京ビッグサイトSOZAI展で初公開。市場への一歩
2023年2月、東京ビッグサイトSOZAI展でこの素材を初公開し、国内外の約300名の法人担当者に紹介。廃棄コーヒー豆を最大30%含んでいる点と、消臭及び抗菌の効果に関心が寄せられ、テレビやラジオ番組からの取材も受けるなど、メディアの注目を集めました。


■製品開発の進化
2023年6月、従来の合成皮革を超える、天然皮革に近い見た目と、お手入れの容易さを備えた人工皮革の開発を発表。2024年2月には、ソファーやスツール向けの家具用素材の販売開始を公表しました。


■新製品リリース予定と今後の展望
2024年7月、ステータシーはクラウドファンディングを通じてコーヒーヴィーガンレザーとしては初となる自社製品の発売を予定。サステナビリティへの意識が高まる中、消費者に持続可能な生活選択肢を提供するため、素材のさらなる改良及び、製品化を進めています。


ステータシー株式会社は、コーヒーヴィーガンレザーを通して、消費者により身近なサステナブルな選択肢を提供し、環境に配慮した持続可能な製品開発の先駆けとなります。これからも、革新的な素材と技術を駆使し、より良い未来を築いてまいります。


■ステータシー株式会社 概要
社名 : ステータシー株式会社
本社所在地 : 〒520-0812 滋賀県大津市木下町17-12
代表 : 代表取締役 田中 比呂達
事業内容 : 革製品の企画、デザイン、販売
設立 : 2021年4月
コーポレートサイト : https://statusy.jp/
コーヒーレザー専用サイト: https://coffee-leather.com/

情報提供元:@Press
記事名:「コーヒーヴィーガンレザーを使った生活雑貨を7月から発売 抗菌・消臭効果を備えた機能性とサステナビリティの融合